\ フォローしてね /

暑い季節に飲みたい!さわやか氷出し緑茶の作り方

暑くなってくると著者が毎日のように作っている、冷たくてのど越しの良い緑茶のレシピです。氷でじっくりいれるので、温かいお茶とは違った少し柔らかな味がします。

材料(1人分)

  • 緑茶のティーバッグ(水出しできるもの)…1個
  • 氷…適量(レシピ参照)
  • 大きめのグラス…1つ

作り方(調理時間:2~4時間)

STEP1:氷を入れる

グラスの下から4分の1のところ位まで、氷を入れます。

STEP2:パックを入れる

氷の上から緑茶のティーバッグを入れます。

STEP3:氷を入れる

グラスの上いっぱいまで氷を入れます。

STEP4:待つ

お好みの色が出るまでそのまま待ちます。氷は8割がたとけたくらいがお勧めです。

目安時間は夏なら2時間、春先なら4時間程度です。

STEP5:パックを取る

お好みの色が出たら、パックを取りだし飲みます。

上手に作るためのポイント

ティーバッグを1番下に入れて、上にどんどん氷を入れていく方法だと、味にムラが出てしまいやすいので、氷でティーバッグを挟むようにしてください。

氷は解けるとかさが減りますので、グラスの上部までしっかり入れましょう。

さいごに

いかがでしょうか。朝一番に作っておけば、出かける前に飲んだり、家事の合間に飲んだりと楽しむことができます。エコですし、とても涼しくなりますよ。この記事が少しでもお役にたてば幸いです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。