\ フォローしてね /

スノーボードの「木の葉滑り」完全攻略法(かかと編)

さて、スノーボードを始めてみたいっと友達にお願いして、早起きしながらゲレンデに到着したアナタ。

焦る気持ちを抑えつつもなんとかブーツを履いて板をつけて、恐怖のリフト乗車&下車を必死にクリアしました。

さぁ、両足とも板に固定したら、まずいちばんはじめに練習することになるのが木の葉滑りです。

まずは麓のほうを向いて、両足のかかとで真正面にズズズと滑り下りていきます。

これを"木の葉滑り(フロントサイド)"といいます。

ポイントその1:お尻を意識!

後ろ手で立ちあがった瞬間から、板はずりずりと滑りはじめます。
(斜度や雪面のコンディションにもよります)

直立してしまうとすぐに前か後ろにバタンと倒れてしまうことでしょう。

そうならないために、「立ちあがりかけ」のような体制で踏ん張る必要があります。

膝を思いきり落として、お尻はちょっと突き出し、上半身はリラックス。両手は前か横に開いてくださいね。

ポイントその2:視線は50m先!

両足が固定されて、しかもその板が思ってもいないほうへ動いてしまうのですから、ニンゲンどうしても足元を確認したくなります。

しかしバランスを取るスポーツの基本、視線は遠くへ。

どうせ足元見たところで転ぶときは転ぶもんです。

「オレと板と雪は仲良しなんだぜ」と楽観し視線を遠くに保つことで、案外スムーズに滑れるようになります。

ポイントその3:荷重は均等に!

初めのころは、1mも滑ると両足のどちらかに体重がかかって傾いてしまいます。

それにつられて全身&板が横を向いてしまうと、あれよあれよとスピードがあがってしまい、初心者の場合その先に待っているのは転倒のみ。

運が悪いと手首や足の捻りを伴ってしまいます。

両足かかとでズリズリ滑っている時に、板がどちらかに少しでも傾いてきたら、その反対側の足に体重をかけます。

あ、視線は遠くのほうですよ!

自分の体重を、両足に均等にかける、ずれたら反対側にかける、それだけで真正面の方向に滑れるようになります。

ポイントその4:木の葉のごとく!

お、気付きましたか?

木の葉滑りという名前は、木の葉のように左右に滑ることから名付けられています。

両足のバランスがずれてどちらかにナナメに滑りだしたらすかさず反対側に体重をかけて逆方向に進む、そうやってジグザグに進めるようになったあなたは、もう"立派にスノーボーダーの仲間入り"です。

"楽しい世界が待ってますよ!"

おわりに

必死に練習していると後ろから「ザザー」と人が滑ってくる音が聞こえて怖いと思います。

でも大丈夫、自分より速い人は、大抵自分よりウマイ人です。避けてくれると信じてください!
(とはいえ各種プロテクタやケガに備えた保険等はお忘れなく!)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。