\ フォローしてね /

ちょっと贅沢に!昔ながらのアナゴ丼の作り方

ちょっと贅沢に、アナゴをふんだんに使った昔ながらのアナゴ丼を作ります。

昔、アナゴは今より安く、アナゴの季節になるとたくさん食べたと母親から聞きました。

今回のアナゴ丼は、そんな、筆者の母親が小さい頃よく食べていたという一品です。

材料(3~4人分)

  • 焼きアナゴ・・・6尾
  • 酒・・・1/2カップと追加用大さじ4
  • みりん・・・1/2カップ
  • こいくちしょうゆ・・・大さじ4
  • 砂糖・・・小さじ2
  • 昆布(10cm角)・・・1枚

作り方(調理時間:30分)

STEP1:調味料に昆布を入れて熱する

まずたれをつくります。

小鍋に用意した調味料を合わせます。昆布を敷き、3~4分弱火で沸騰寸前まで熱します。

STEP2:昆布を取り出す

沸騰寸前に火を止め、たれから昆布を取り出します。

STEP3:バットに移す

小鍋からバットにたれを移します。

STEP4:たれにアナゴを浸ける

たれにアナゴを両面浸けます。

STEP5:アナゴをあぶる

ガスレンジのグリルにアルミホイルを敷き、アナゴを強火で約1分あぶります。

焼き過ぎると身が固くなるのでサッとあぶる程度にしましょう。

STEP6:アナゴを取り出し冷ます

焼けたたれの良いにおいがしてきたら、アナゴを取り出し、少し冷まします。

STEP7:アナゴを切る

アナゴの頭としっぽを切り落とし、約3cm幅にそぎ切りします。

STEP8:たれに頭としっぽと酒を入れ再び火にかける

バットから小鍋へたれを再び移し、切り落としたアナゴの頭としっぽと追加の酒を入れ弱火で5~10分、少しとろみがつくまで煮ます。

STEP9:頭としっぽを取り出す

とろみがついたらアナゴの頭としっぽを取り出します。

STEP10:ごはんを盛る

お皿に炊きたてのごはんを少量、平らに盛りつけます。

STEP11:アナゴをたれにつける

「STEP7」のアナゴを「STEP9」のたれにつけます。

STEP12:アナゴをご飯の上に並べる

たれにつけたアナゴをごはんの上に並べていきます。

STEP13:さらにご飯を盛る

アナゴを並べ終わったら、さらにその上からご飯を盛りつけます。

STEP14:さらにアナゴを並べたれをかけて完成

またごはんの上にアナゴを並べ、たれをふりかけてできあがりです。

さいごに

食べても食べてもアナゴが出てくる贅沢なアナゴ丼です。

昔ながらの味わいを是非お試しくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。