\ フォローしてね /

スノーボードの「木の葉滑り」完全攻略法(つま先編)

さて、なんとか木の葉滑り(フロントサイド)でジグザグに滑れるようになったアナタ。

カカトの踏ん張り具合でスピードの調整をしてみたり、わざと板を傾けて斜めに進んでみたり、あはは、楽しいですよね。雪、最高!

でもここでアナタは気付きます。まだ、板のカカト側しか使っていないことに。

木の葉滑りには、麓に真正面を向いて滑る「フロントサイド」の裏側があります。

それが山頂のほうを向いてつま先で滑る「"木の葉滑り(バックサイド)"」です。

ポイントその1:ヒザを意識!

フロントサイドの時はお尻を意識してもらいましたが、バックサイドのときはヒザが大事です。

ヒザをしっかり落とさないと、重心が進行方向(お尻側)になってしまい、後頭部からビッターンと倒れてしまいます。

両手で立ちあがったらヒザは曲げたままで、両手を前に伸ばし斜面に近づけます。

足だけが必然的に背伸び状態になるのでしんどいですが頑張ってください。

ポイントその2:視線は2m先!(と時々進行方向!)

体は今滑ってきた上のほうを向いていると思います。

視線は水平程度、つまり2~5mくらい先を意識していてください。

ただしフロントサイドと違ってバックサイドには致命的な欠点があります。前が見えない。

ゲレンデにはあなたのようなビギナーや、座り込んで喋ってる似異ボーダーやコース脇の崖なんかがあります。チラッと見る程度でいいので、"ちょくちょく左右から振り向いて進行方向を確認してください"。

ポイントその3:荷重は均等に!

荷重を均等にすること自体はフロントサイドよりもバックサイドのほうが簡単な人が多いです。

ただし、ポイント2で書いたとおり、バックサイドは振り向く必要がある。振り向くたびに、首が向いた方向に大きく重心がずれる訳です。

じゃあどうするかというと、簡単ですね、反対側に振り向こうとすればいいんですね。

実際は振り向くまでもなく、両足の荷重のかけ方を意識すれば、体を通して板も勝手にその向きになります。

ポイントその4:木の葉のごとく!

もう、おわかりですね?

アナタは多分もう、バックサイドでも、木の葉のように左右に滑れています。

障害物には気をつけて、スピード調整や方向調整をしながら楽しんでください。

この「かかとで滑る」と「つま先で滑る」、スノーボードは基本的にはそれだけの動作です。

"アナタはもう、立派なスノーボーダーなのです。"

おわりに

スノーボードに初めて挑戦した日は、かかともフトモモも、なぜか肩や手首も筋肉痛になったりします。

温泉につかって、ゆっくり休んでくださいね。きっと夢の中でも滑って、体がビクッてなることでしょう。
(宴会はほどほどに。明日も滑りますからね!)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。