1. 料理
    2. 電源がないところでも!食材をペースト状にするすり鉢とすりこぎの使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    電源がないところでも!食材をペースト状にするすり鉢とすりこぎの使い方

    食材をペースト状にするためにすりこぎとすり鉢を使う方法をご紹介します。

    用意するもの

    • すり鉢
    • すりこぎ
    • 食材(今回はほうれん草を使います)

    具体的なやり方の手順

    STEP1:平らなところにすり鉢を置く

    まずは平らな場所にすり鉢を置きます。

    STEP2:食材を入れて擂る

    食材を入れ、すりこぎを利き手に持って円状に動かして擂ります。

    利き手と反対の手ですり鉢をしっかりと押さえておきましょう。

    STEP3:すりこぎを動かし続ける

    あとはすりこぎを動かし続けるだけでこのようにペースト状になります。

    力を入れて動かすより、軽い力で動かす回数を多くしたほうが楽に擂ることができます。

    著者なりのこだわりポイント

    食材を擂った後、すり鉢に食材がちょっと残ります。もったいないので汁物に使う場合は汁をすり鉢にちょっと入れて箸でかき混ぜ、残った食材をかき出して料理に使います。

    注意点

    使った後のすり鉢とすりこぎは洗った後、風通しの良い場所に置いて乾かしましょう。

    おわりに

    いかがでしたか?食材をペースト状にするために古くから用いられてきた方法です。電源が要らないのでフードプロセッサーが使えない屋外での調理の際などは特に重宝します。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人