1. 暮らし
    2. お葬式のマナー その1:贈るお花

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お葬式のマナー その1:贈るお花

    このライフレシピのもくじたたむ

    お葬式に贈るお花はいくらぐらいが妥当なのか?

    急に知らせが入るお葬式。若年者の方はまだまだ経験もないので焦るかと思います。そこで 最低限知っておきたい「お葬式」のマナー をシリーズで書きたいと思います。

    最初はお葬式に贈るお花についてです。

    5千円程度のお花でOK

    金額の相場は、地域や会場、故人との親密度によって違いますがだいたいの相場は5千円〜1万円程度です。若い方なら3000円程度でも許されるでしょう。

    1人で贈っても構いませんし、1人3000円〜5000円を予算にして 複数のご友人と一緒に贈っても構いません。ただ、お葬式の場所が自宅の場合、あまり豪華なお花を贈ることは避けたほうがいいと言われています。

    どこに注文すればいい?

    お葬式の場所がセレモニーホールの場合、ホールに直接電話して「お花を贈りたい」という旨を伝えれば代わりに手配してくれます。代金は当日現金払いが可能か確認しておきましょう。

    会場が自宅の場合は、お花屋さんに直接電話し依頼します。即日配達してくれるお店でインターネット注文することも可能です。

    種類は?

    白いユリ、菊、デンファレ、カーネーションなどがよく使われます。やや金額が高くなりますが、胡蝶蘭も代表的です。種類が分からなくても、お花屋さん等に依頼するとき、「お葬式用で」と伝えれば大丈夫です。

    お葬式のマナーシリーズ

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ