1. 暮らし
    2. ちょっとだけ注意が必要!塩素系漂白剤の基本的な使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ちょっとだけ注意が必要!塩素系漂白剤の基本的な使い方

    塩素系漂白剤は食べこぼしでついたシミやシャツの黄ばみなどを汚れを徹底的に落とし、真っ白に仕上げてくれる漂白剤です。この記事では塩素系漂白剤の基本的な使い方をご紹介します。

    酸素系漂白剤の使い方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。「酸素系漂白剤の使い方」

    用意するもの

    • 衣類用洗剤
    • 塩素系漂白剤
    • 漂白したい衣類(真っ白なもの)

    使用量の量り方

    使用する塩素系漂白剤の容器に付属されているキャップを使用します。筆者が使用している塩素系漂白剤には、下記のように表示されていました。

    • 水30L:70ml(キャップ約3杯)
    • 水5L:12ml(キャップ1/2杯)※手洗いの場合
    この記事では30L分の洗濯を行うので、約70mlの漂白剤を使用します。

    使用する前に注意した方がいいこと

    塩素系漂白剤は酸素系漂白剤よりも漂白力が強いため、使用する際はちょっとした注意が必要です。

    色物には使わない

    塩素系漂白剤は気持ちがいいほど衣類を真っ白に仕上げてくれます。そのため「ちょっとだけだから、この色物に使っちゃおう」というのは絶対にNGです。

    つけ置きなら落としたいシミ部分に漂白剤がつかないように気をつけるほか、洗濯機で使用する場合は白地のもの以外は洗わないようにしましょう。

    筆者は過去に、その甘い決断のせいでお気に入りの黄色いTシャツを台無しにしてしまったことがあります。

    他メーカーの漂白剤と混ぜない

    同じ塩素系漂白剤とはいえ、メーカーが違うと成分も違います。そのため、他メーカーのものと混ぜると有毒ガスが発生してしまうことがあるそうです。混ぜないように注意してください。

    使用時は換気を

    塩素の成分が強いので、使用時は必ず換気しましょう。

    洗濯機で使用する方法

    STEP1:洗濯したい衣類を入れる

    洗濯槽に洗濯したい衣類を入れ、水を入れます。

    STEP2:衣類用洗剤と漂白剤を入れる

    衣類用洗剤を入れ、続けて使用量を量っておいた塩素系漂白剤を入れます。

    おこのみで、このあとに柔軟剤を入れます。柔軟剤の使用方法は「香りふんわり、柔軟剤の基本的な使い方」でチェックしてみてください。

    STEP3:電源を入れ、スタートボタンを押して完了

    洗濯機のフタを閉めます。電源を入れ、スタートボタンを押して完了です。

    つけ置きする方法

    STEP1:洗面器にお湯をはり、漂白したい衣類を入れる

    洗面器にお湯をはり、漂白したい衣類を入れます。お湯は衣類がつかる程度入れればOKです。

    STEP2:塩素系漂白剤を入れる

    あらかじめ使用量を量っておいた塩素系漂白剤を入れ、完了です。30分ほど放置したら十分にすすぎましょう。

    おわりに

    酸素系漂白剤に比べて少し注意が必要ですが、漂白力は抜群なので、うまく使えば真っ白な気持ちいい洗濯ができますよ。

    ちなみに、筆者は「気持ちがモヤモヤしてイヤ!」と思ったときにベッドのシーツや旦那様のシャツなど白いものを手当たり次第に漂白し、気持ちをスッキリさせるというストレス解消法にも利用しています。それほど、衣類を真っ白に仕上げてくれます。参考にしてみてくださいね。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ