1. 趣味
    2. 簡単!カクテルシェイカーの振り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    簡単!カクテルシェイカーの振り方

    皆さんはご自宅でカクテルを愉しんでいらっしゃいますか?著者はたまにシェイカーを使ってカクテルを作ります。と言っても、シェイカーを振るのは素人ですので、知人から教わった基本通りに行っています。

    ここでは著者が行っている、カクテルシェイカーの振り方をご紹介します。

    カクテルシェイカーの構造と持ち方

    シェイカーの構造と各部の名称

    シェイカーは3つの部分で構成されています。

    • ボディ(右)・・・氷やリキュールなどの液体を入れるもの
    • ストレーナー(真ん中)・・・注ぐときにボディ内の氷を残して、液体だけを注ぐためのもの
    • トップ(左)・・・振るときに中の液体が飛び出ないようにする蓋

    ひとつにすると上の画像のようになります。

    シェイカーの持ち方

    著者は右利きですので、上の写真のように持ちます。右手の親指でシェイカーのトップを押えます。くすり指と小指のあいだにボディーをはさみ、中指、人さし指をそえてボディーを支えます。

    左手の中指とくすり指をボディーの底に回し、親指でストレーナーを押さえます。人差し指と小指でボディーをはさみます。

    左利きの方は、左右の手を逆にして持ちます。

    カクテルシェイカーの振り方

    STEP1:肘を曲げてシェイカーを構える

    胸の中心からやや右側で、肘を曲げてシェイカーを構えます。肘の角度は、約30度程を目安に構えます。

    左利きの方は、胸の中心からやや左側で構えましょう。

    STEP2:前方へシェイカーを突き出す

    肘をやや伸ばして、胸元から身体の前方へシェイカーを突き出します。肘は伸ばし過ぎないように約90度くらいを目安にします。

    STEP3:STEP1,2の作業を繰り返す

    STEP1,2をリズミカルに繰り返します。最初の2~3回はゆっくりと振り、次に15回くらいをリズミカルに振り、最後に2~3回ゆっくり振って終わり。

    回数はあくまでも目安です。慣れてから回数を変化させてみましょう。

    著者のこだわりポイント

    ただ振るのではなく、カッコよくするために、背すじを伸ばした姿勢で行うことを心がけています。

    また、シェイカーを振るとき、前に出したときはボディ側を少し下げ、手前に引き寄せたときはトップ側をやや下げるように、少しだけ手首を使っています。

    注意点

    指や手が濡れていると、シェイク中に冷やされたシェイカーに手や指がくっついてしまいますので、シェイカーを持つ前に拭いておきましょう。

    また、手のひらでボディを温めてしまうため、手のひらはボディにつけないように注意しましょう。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか?カクテルシェイカーを振っていると、バーテンダー気分になり、それだけでカクテルも美味しくいただける感じがします。

    皆さんもシェイカーを振って、オリジナルカクテルを愉しんでみてください。

    (photo by amanaimages)
    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人