1. 雑学
    2. 去年の余った年賀状を今年の年賀状にする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    去年の余った年賀状を今年の年賀状にする方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    お年玉付き年賀はがきの書き損じや余ったものは、郵便局か郵便事業会社の支店に行けば1枚あたり5円で交換してくれるのは、ご存知の方も多いと思います(5円は交換手数料)。

    しかし、去年使わなくて余った年賀はがきを、今年の年賀はがきに交換する事はできないんです!

    郵便事業会社では、2014年11月現在、過去の年賀はがきを当年の年賀はがきに交換することはできません。これは、当年の年賀はがきは抽選発表前だから、というのが理由です。

    だからといって、去年までに余ったはがきを捨てられませんよね?もったいない!

    まず切手に換える

    未使用の、過去の年賀はがきは、切手や、普通の郵便はがきには交換できます。しかしせっかくの年賀状、普通のはがきではなくお年玉クジ付きの年賀はがきで送りたいですよね。

    というわけで、過去に余った年賀はがきを新しい年賀はがきに替える手順です。

    1: 郵便局・郵便事業会社の支店で切手に交換してもらう

    未使用の過去の年賀はがきを、郵便局か郵便事業会社の支店で全て切手に交換してもらいます。1枚につき5円の手数料がかかりますので注意。

    「差し引き」は出来ません。どうしても現金を出したくない!というときは、5円の手数料を切手で払うことができますので余った切手を持って行きましょう。

    2: 金券ショップに持っていく

    これを金券ショップで売ります。お店によって買い取ってくれないところもあるかもしれませんので、事前に確認しておくと確実です。

    3: そのお金で年賀はがきを買う

    ウチの近所の金券ショップでは、80%くらいで買い取ってくれました。なので、45円が36円の現金になります。結果、50円⇒36円の現金になりました。

    70%程度で、お金に交換できた事になります。あとは、このお金を使って、普通に年賀はがきを買えば、オッケーです。

    さいごに

    今まで余った年賀状は処分していた方はモチロン、急に喪中になってしまい年賀ハガキが余ってしまった方など、ぜひお試しください。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人