\ フォローしてね /

ちょっとした心がけを大切に!家に湿気をこもらせない方法

このライフレシピのもくじたたむ

家の中に湿気がこもってしまうと、カビなどの原因になり衛生的に良くありませんよね。また、家の中がベタベタしていると不快な気分にもなってしまいます。そこで、今回は筆者が実践している「家に湿気をこもらせない方法」を紹介したいと思います。

家に湿気をこもらせない方法

1:換気を行う

まずは、湿気対策の基本である「換気」です。天気の良い日は、毎日2時間は家中の窓を開け、カーテンや玄関のドアも開けて換気を行います。

また、この換気の際には、クローゼット・トイレ・お風呂場などもすべて開け放ちます。クローゼット・トイレ・お風呂場は、湿気がこもりやすい場所であるにも関わらず、閉め切ったままになっている場合が多いものです。

1日1回は開け放って換気するだけでも、湿気がこもらず、カビ対策にもなりますよ。

天候の悪い日は、かえって湿っぽくなるので換気は控えましょう。また、風の通りにくい部分には、扇風機を当てたり、換気扇を回したりして風を通します。

2:なんでも乾かしてから片づける

キッチンの食器や玄関の傘など濡れてしまうようなものは、必ず完全に乾かしてから片づけます。キッチンの食器は、洗って水気を拭き取った後でもカゴなどに入れて窓際に置き、完全に水気を乾かしてから片づけるようにしましょう。

また、傘は外に干して、完全に乾くまでは家の中に持ち込まないようにしましょう。傘が干せる天気の良い日まで、外で傘を保管できる場所を作っておくと便利です。

3:から拭きを行う

雑巾がけをする際、汚れをしっかり落としたいので、どうしても水拭きしてしまいます。ですが、そのままにしていると水拭きも湿気の原因になってしまう恐れがあります。

そのため、天気の悪い日の雑巾がけは、水拭きをした後に必ず乾いた雑巾でから拭きをするようにし、雑巾がけからの湿気を作らないようにしています。

4:室内干しには新聞紙で湿気予防

室内に洗濯物を干す際など、湿気がとても多くなるようなときには、除湿機を使う方が多いですよね。ですが、除湿機はそれ自体が高いですし、電気代もかかります。

そんな除湿機を使うのならば、部屋干しの洗濯物の下に新聞紙を敷いてみてましょう。新聞紙が湿気を吸ってくれるので、乾きが早くなりますし、費用もかかりません。

5:除湿剤の点検はこまめに行う

家の湿気対策を行う際、除湿剤などのグッズを使って「これで大丈夫!」と満足してしまうことってありますよね。ですが、除湿剤はこまめに点検して取り換えることが必須です。たっぷり水の吸い取ってしまった除湿剤をそのまま置いていても、なんの役にも立ちません。

グッズを使用する際には、使用方法をきちんと守り、正しく使用しましょう。

おわりに

家の中の湿気は、毎日のちょっとした心がけで対策することができます。今回の記事を参考に、家の中のどの箇所にも湿気をこもらせないように気を付けてみてください。

(image by PIXTA)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。