\ フォローしてね /

手軽にできる製パン方法!ストレート法のやり方

製パン方法は、さまざまありますが、主な方法にストレート法(直捏法ともいう)があります。自宅や中小規模のパン屋では、このストレート法が多く採用されています。

どんな製法か

主原料である小麦粉やその他全材料を1度に混捏(ミキシングという)、発酵させる製法です。ただし、油脂(バターやショートニング等)は、ミキシングの途中で加えます。

必要な道具

手捏ねの場合、最小限必要なものは、生地を捏ねるボウル、焼成のためのオーブン、焼成の際に敷くオーブンシートがあれば焼けます。

上記以外にも、捏ねるための捏ね台、生地を集めるカード、麺棒、焼き型等があれば、なお良いです。

ストレート法のやり方(手捏ねの場合)

ボウルに粉類を入れ、均等に混ざるように軽く攪拌しておきます。次に仕込み水を入れて捏ねます。

生地がある程度まとまってから、油脂を投入し、再度捏ねます。一次発酵、分割、ベンチタイム、成型、ホイロ、焼成します。

メリットとデメリット

メリット

  • 生地を1度で簡単に仕込める
  • 出来たパンの風味が良い
  • 発酵時間が短い
  • 特徴のあるパン(食パンや菓子パン等)に適している

デメリット

  • 生地の善し悪しが、パンに現れやすい
  • パンの老化が早い
  • パンの内相のキメが粗い

ストレート法に向いているパン

特徴のあるパン作りの製法が向いています。食パン、フランスパン、菓子パン、バターロール、調理パンが適しています。

おわりに

1度に仕込が出来、発酵時間が短いため、手軽に作れます。生地の善し悪しがパンにあらわれやすいとは言いますが、しっかり捏ねれば、問題ありません。

手順を覚えてしまえば、生地への練りこみや、具を包んだり、生地の上に具を載せて焼いたり、オリジナルのパンが焼けます。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。