\ フォローしてね /

三つ葉の切り方~基本と応用~

お吸い物や丼物などにとても重宝する三つ葉、少し使うだけで独特の香りが私たちの食欲を増してくれます。本日は三つ葉の切り方とちょっとリッチに見える三つ葉の切り方の応用をご紹介します。

用意するもの

  • 三つ葉
  • まな板
  • 包丁
  • ザル、ボウル

何も難しいものはいりません。これだけです。

基本の三つ葉の切り方

STEP1:根っこを切り落とす

三つ葉の根っこを切り落としましょう。根元から1cmくらいを目安に切り落とせばOKです。

STEP2:三つ葉を洗う

根っこを切り落とした後は泥などで三つ葉が汚れるので、ここで三つ葉を洗います。ボウルに水をためながら洗えば三つ葉がバラバラにならずに簡単です。

STEP3:三つ葉を切る

三つ葉をまな板にのせ、2cm幅を目安に切ります。

STEP4:水気を切る

最後に三つ葉をザルにいれて水気を切って完成です。

【応用編】

ここからは応用編をご紹介します。STEP2までは基本と同じです。

STEP3:三つ葉を切る

三つ葉を半分に切ります。

STEP4:結ぶ

1本を半分に切ったものを束ねて結びます。

完成

お吸い物などに浮かべてあげるとリッチな気分になります。丼物の飾りつけにもおすすめです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。幅を狭く切れば汁物の具材にガッツリ使え、幅を広く切れば見た目も美しく料理を彩ってくれます。どちらも簡単にできますのでお試しあれ。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。