\ フォローしてね /

ドライヤーを傷めない!ドライヤーの簡単で使いやすい収納法

毎日使うドライヤー、使いやすい収納法で、ドライヤーをいためることなく、ラクに身だしなみを整えましょう!

洗面所での収納のポイント

ポイント: 引っ掛けて収納する

百均ショップに売られているフックを、洗面所の、コンセントに近い手の届きやすいところに取り付け、引っ掛けられるようにします。取り出すのもしまうのもラクで、ドライヤーもいためることがない収納法です。

引っ掛ける場所ですが、コンセントに差して使うものなので、コンセントのすぐ近くの壁がいいと思います。コンセントが2つある場合は、手元に近いコンセントの近くが使いやすいと思います。

筆者も洗面台のすぐ左脇、おへその高さにあるコンセントの横にフックをつけていますが、すぐに手が届くのでさっと取り出せて、コンセントにもすぐに差せますのでとても便利です。

ドライヤーの収納に関する注意点

以前は見えない収納の方がすっきり片付いて良いと思い、コードをドライヤーにくるくる巻きつけて引き出しにしまっていました。でも、それを続けるうちに、コードの根元(ドライヤーに一番近い部分)が切れてきてしまい、まだ風は問題なく出るのに処分せざるを得ないことがありました。

そのとき目に入った注意事項には、「コードをドライヤー本体に巻きつけるとコードが切れる場合があるので、巻きつけないでください」と書かれていました!ドライヤー本体にコードを巻きつけるとドライヤーの寿命が縮まります。みなさんも気をつけてくださいね。

ドライヤーのコードの束ね方ですが、きっちりときつく束ねると上記のようにコードが徐々に切れてくる恐れがありますので、あまり締め付けないよう、ゆるく束ねる方が良いと思います。

筆者は以前に百均ショップで買ったマジックテープ素材のバンドを使っています。2つセットで売られていたように思います。お店によってまた時期によっては置いていないこともありえますが、あるとしたら電化製品のコードを束ねるものとしておいてあると思うので、探すときの参考になさってください。

おわりに

洗面所のインテリアにこだわっている方は、かける収納だとドライヤーの色やデザインにもこだわるといいですね。筆者は洗面所を白でまとめているので、冒頭の写真のように、ドライヤーも白にしています。

これだと、洗面所の雰囲気をこわすこともありません。ドライヤーを傷めることもなく、ラクに気持ちよく使えますよ。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。