\ フォローしてね /

見せる収納はインテリアになる!調味料のおすすめ収納方法

お料理のたびに使う調味料ですが、すぐに手に取れる位置にあるとストレスを感じませんよね。

筆者の家では、使用頻度の高いスパイスなどを壁に設置した棚に置き、見せる収納を実践しています。

液体調味料の収納方法

使用頻度の高い、醤油・酢・みりん・オイル類は瓶からオイルボトルに詰め替えて調理台とガスコンロに近い棚に一列に並べています。

このオイルボトルは、¥100ショップで購入したものですが、液ダレなどもしない優秀な瓶です。見た目もスタイリッシュなので、必要があればそのままテーブルに置くこともできます。

スパイス類の収納方法

パッケージが気に入っているスパイス類です。同じメーカーの物で揃えると統一感があります。さらにラベルや蓋の色でスパイスの種類が分かれているので、わかりやすいです。

中身がなくなれば詰替え用を買い足して、賞味期限を付箋でわかるようにしています。

調味料を収納するときのポイント

使った後は必ず元の場所に戻す!

調味料は同じようなパッケージや色が並んでいます。適当に置いてしまい、次に料理をした際に「酢とみりんを間違えた」なんてことにならないよう、必ず元の場所に戻す習慣にしましょう。

使ったモノは必ず元の場所に戻すは整理整頓の基本です!

汚れたらすぐに拭く!

料理をしていると、油はねなど意外と汚れるものです。特に油汚れは時間が経つと落ちにくくなるので、気付いたらすぐに拭くようにしています。

その日のヨゴレはその日のうちに!

賞味期限がわかるようにする!

詰替え用の調味料は、瓶に入れると古い賞味期限が記載されたままになっているので、少し面倒でも付箋などで新しい調味期限を書いておきます。せっかくのスパイスなのでやはり鮮度が大事です。

おわりに

よく使う調味料を「見せる収納」にしたことにより、調理がかなり楽になりました。また、お気に入りのものを飾ることでテンションも上がります。お料理の腕も上がってくれるとさらに嬉しいですね。少しでもお役にたちますように。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。