1. 趣味
    2. モンサンミッシェルの名物「巨大オムレツ」

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    モンサンミッシェルの名物「巨大オムレツ」

    フランスに行ったら是非訪れたい世界遺産、モンサンミッシェル。せっかくなら、名物の巨大オムレツを食べてみませんか?ここでは著者の体験談をご紹介します。

    著者のモンサンミッシェル渡航歴

    モンサンミッシェルには2010年5月に行きました。初めて訪れる場所だったので、せっかくならそこで食べられる美味しいものを食べて、旅の思い出にしたい!と思い、事前に調べました。

    モンサンミッシェルの食べ物について

    やはり一番有名なものは、「巨大オムレツ」でしょう。このオムレツの発案者とされるのが、モンサンミッシェルで1888年創業のホテル、「ラ・メール・プラール」を営んでいたマダム・プラールです。

    島内では、各所で巨大オムレツを食べられますが、入口近くにあるこちらのお店はやはり一番人気のようでした。

    また、モンサンミッシェルがあるノルマンディー地方で有名なお酒と言えば、りんご酒の「シードル」です。

    りんごを発酵させて作るお酒で、これを蒸留して作る「カルヴァドス」は、「原産地統制呼称」の対象にもなっており、ノルマンディー地方で作られたもの以外は「カルヴァドス」という呼称では呼ばれないそうです。

    「巨大オムレツ」を食べてみました

    有名な巨大オムレツを、実際に食べてみました。お皿の両端を持って左右に振ると、ぷるぷるとオムレツが揺れます。

    口に入れると、まるで「泡」を食べているかのような食感で、味付けも特にないので、こしょうをかけて食べている人が大半でした。

    「美味しい!」という感想は、正直ありませんでしたが、モンサンミッシェル名物なので一度体験してみることをお勧めします。

    モンサンミッシェル旅行する方へ向けてのアドバイス

    オムレツは、確かに大きいですが、思った以上にふわふわしているので、お腹いっぱいにはなりません。メインで別のお料理を頼んでおいたほうが無難です。

    オムレツを前菜として頼み、メインのお料理を楽しみながらシードルを飲む、というのが一番良さそうです。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ