\ フォローしてね /

冬至にはかぼちゃ!鍋一つで作るカボチャグラタンの作り方

子供の頃から、冬至にはカボチャを食べるのは、当たり前になっています。著者の地域ではカボチャと小豆を一緒に炊いて食べるのがポピュラーでしたが、子供の頃はとても苦手でした。

実際我が家の子供たちにも作ってみた所、箸がすすまない状態でしたので、子供が好きそうなメニューにカボチャを取りいれて作りました。

寒い冬を乗り越えて風邪をひかない一年になりますようにと願いを込めて頂く、冬至のカボチャ。

ここでは鍋一つで作るカボチャグラタンの作り方を紹介します。

材料(2~3人分)

  • かぼちゃ・・・1/4個
  • マーガリン・・・大さじ2
  • 塩コショウ・・・少々
  • コンソメスープの素・・・小さじ1
  • 薄力粉・・・大さじ2
  • 水・・・50cc
  • 牛乳・・・300cc
  • とろけるスライスチーズ・・・3枚

作り方(調理時間:30~40分)

STEP1:かぼちゃを切り、炒める

カボチャは種を取り、1cmの厚さに切ります。フライパンを用意しマーガリンをいれ熱し、スライスしたカボチャを入れ中火で1分程炒めます。

STEP2:薄力粉を加える

STEP1に軽く塩コショウしたら、薄力粉を全体にかけ30秒程炒めたら水を加え蓋をしめます。弱火~中火の間で2~3分程蒸し焼きにします。

STEP3:牛乳を加える

STEP2のカボチャが柔らかくなったら、牛乳とコンソメスープの素を入れ、出来るだけカボチャが崩れないように、弱火~中火の間で1~2分程炒め沸いて来るのを待ちます。

STEP4:とろみが出たら火を止める

STEP3がグツグツ沸いてきたら火を弱め、時々かき混ぜます。とろみが出てきたら火を止めます。

STEP5:チーズをのせる

STEP4を耐熱容器に入れ、チーズをのせて200度のオーブンで5~7分程焼きます。

完成

チーズがとけ、こんがり焼き色が付いたら完成です!冬至に是非お試しください!

上手に作るためのポイント

かぼちゃを出来るだけ薄切りにすると、火が通りやすいです!

さいごに

熱々のグラタンをフーフー言いながら頂くと、身体が温まります。冬至にカボチャを食べて寒さを吹き飛ばし、身体を守りましょう。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。