\ フォローしてね /

チーズを使って鮭中骨を美味しいコクのある料理にする方法

このライフレシピのもくじたたむ

おかずをカンタンに作りたいときに缶詰があると便利ですよね。でも、缶詰だけでは味気ないので、一工夫するのが良いと思います。そんなときに役立つのが「チーズ」です。

トーストやハンバーグには「とろけるチーズ」が便利ですが、缶詰料理を活用したレシピの場合には、通常タイプの「チーズ」のほうが使いやすいですよ。

材料

  • チーズ(プロセスチーズ)
  • ホタテ貝柱(缶詰)
  • 鮭中骨水煮(缶詰)
  • 乾燥ワカメ

缶詰各1缶で2~4人分くらいのボリュームに料理できます。チーズは、6つ切りタイプであれば1人1切れの分量です。

ここでは家族4人分として作っているのでチーズを4切れ使用しています。

作り方

フライパンを使用します。油や水は一切、加えずに料理します。

STEP1:

ホタテ缶詰を開けて、中の液体は捨てます。ホタテ貝柱のみを使用します。ホタテ貝柱をフライパンに並べていきます。

STEP2:

チーズをフライパンにのせます。

STEP3:

鮭中骨水煮の缶詰を開けて、フライパンに開けます。このとき、風味付けとして鮭中骨水煮のスープも入れることで、塩味加減を調整できます。

ここでは缶詰のスープ約半分を利用しました。鮭はチーズの上になるようにして、チーズに直接熱が加わるようにしておきます。

STEP4:

中火で加熱します。約2分、そのまま加熱し続けて、チーズの周囲が、柔らかくトロ~リとし始めたら弱火にします。約3分、弱火のまま過熱し続けます。

乾燥ワカメを水で戻しておきます。火を止めてから水戻ししたワカメを加えます。余熱だけで一気に広がります。

STEP5:

チーズが、すっかり溶けて液状化して、ホタテ貝柱と鮭と混ざり合っています。

これを、ごはんにかけると、溶けたチーズがごはんにしみわたって、とても風味のある美味しいごはんになります。ごはんは炒めたりする必要はありません。

おわりに

カンタンに作れるので、とっさの「夜食」や「おやつ」としても利用できます。チーズを料理に使うと、「塩分」を控えめにしても深い味わいが可能になります。

チーズのコクが、特に海鮮ものと相性が良いです。チーズは冷蔵庫に常備しておきたいものです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。