1. 料理
    2. こんにゃくの茹でこぼしの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    こんにゃくの茹でこぼしの方法

    こんにゃくは必ず茹でこぼしをしてほしい食材です。こんにゃくは煮物やきんぴらなどに便利な食材ですが、茹でこぼすことで料理がグッと美味しくなります。

    それでは、具体的な茹でこぼしの方法を紹介します。

    こんにゃくを茹でこぼす理由

    臭み取りと水分を抜くため

    こんにゃくには独特の臭みと、水分があります。料理に臭みは大敵なので茹でこぼして事前に臭みを取ります。また、こんにゃくは水分を多く含んでいるためにそのままだと味の染みこみが悪くなってしまいます。

    茹でこぼして水分を抜いてあげることによって味染みが良くなり、料理が美味しくなるのです。

    こんにゃくを茹でこぼす方法

    STEP1:こんにゃくを水から茹でる

    鍋に好きな大きさに切ったこんにゃくと、浸るくらいの水を入れて火にかけます。

    沸騰するまでは蓋をして火にかけましょう。ガスの節約になります。

    STEP2:1~2分沸騰させる

    沸騰したら蓋を外して、1~2分沸騰させます。

    蓋をしたままでは、臭みが取れないので蓋は外してください。

    STEP3:水洗いして完了!

    ザルにあげて水で洗います。これで茹でこぼしができました。このまま料理に使いましょう。

    参考料理

    茹でこぼしたこんにゃくを、そのまま炒めてから筑前煮などにするとおいしいです。

    おわりに

    料理はほんのひと手間が、仕上がりを左右します。ぜひ参考にして、こんにゃく料理を作ってみてください!

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人