\ フォローしてね /

ダメージも少なく綺麗に仕上がる!まつげカーラーの使い方

いつもまつげがくるんと上向きのかわいい友達が「まつげカーラー」を使っていることを知ったのが購入のきっかけでした。

著者が持っているまつげカーラーについて

  • メーカー:パナソニック まつげくるん ボリュームコーム (EH2321)
  • 価格:¥2980
  • 購入時期:9年くらい前
  • スペック:目尻を上げたり流したりが自在にできる外ハネヘッド付。しっかりカールアップできるダブルヒーター付。

まつげカールの使い方

STEP1:スイッチを入れる

スイッチをONにします。これでヘッドが温まりはじめます。

STEP2:温まるのを待つ

温まるにつれて青い部分がピンク色に変化してきます。

温まって使用できるようになるまで1〜2分ほど時間がかかるので、その間にマスカラを塗っておきましょう。

STEP3:まつげをカールする

ヘッドが温かくなっているのを確認したら、コームでマスカラのダマをとるのと似た動きで、根元から毛先にむけてゆっくりゆっくりまつげカールを移動させます。

上手く使うコツ

しっかりまつげを立ち上げたい時は根元にしっかり熱を加えるといいですよ。

くるりん感が欲しい時はまつげの毛先をまぶたにくっつけるようにするといい感じに仕上がります。

それでも「もっとしっかりカールしたい!」という時は、ビューラー→マスカラ→まつげカールという順番で使うことをオススメします。

まぶたに近づけすぎると火傷のおそれがありますので、気をつけてくださいね。

購入のポイント

もう9年近く愛用していますがまだまだ現役で使用できています!性能がさらに優れた新作も数多くでていますが、使い慣れたものが一番だと思います。

まだ買い替えるつもりはないくらい、便利だし重宝してます。購入をためらっているのなら、¥500くらいのプチプライスのものがありますのでまずはそういう製品を試してみるのもいいかもしれませんね。

他社の製品を使ったことがないので比較はできませんが、有名メーカーのそれなりに値段のするものは、まつげがきれいにセパレートするようなコームが使われていたり、電池のもちがよかったりと利点が多いように感じます。

おすすめのポイント

ビューラーでまぶたを挟みこんでしまって「痛いっ!」ていう経験、みなさんありますよね。ビューラーはお手軽ですが、そんな風に痛い思いをしたり、まつげが切れたり抜けてしまったりと、ダメージも大きく痛みがちです。

まつげカーラーなら安全ですし、まつげにも優しく誰でもきれいに仕上げることができます。

仕上がりにはビューラーより少し時間はかかりますが、こんな自然できれいなカールはビューラーでは出すことが難しいので、是非使ってみてください。

まつげカーラーの熱によるダメージが気になる方は、まつげ美容液でケアすることをオススメします。

おわりに

いつものメイクもくるんとまつげがきれいに上がるだけで印象が変わりますよ。ぜひ上向きのまつげでメイクを楽しみましょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。