\ フォローしてね /

洗剤なしで!お風呂の壁の目地のカビ掃除方法

お風呂場は、とっても湿気の多い場所。しかも、石鹸カスや垢などカビの栄養となるものがたくさんあるので、壁の目地のような場所はこまめに掃除しないと、すぐにカビが生えてしまいますよね。

そんな壁に生えてしまったカビを、洗剤なしで掃除する方法を紹介したいと思います。

掃除の頻度・タイミング

お風呂場のカビは、生えてから時間が経てば経つほど、落としにくくなります。根が深くなってしまうと、専用の漂白剤を使わなければ落とせなくなってしまうので、見つけたらすぐに対処することが大切です。

毎日のお風呂掃除のたびに、壁も一緒に磨く習慣を身に着けると、カビが生えてもすぐに気付いて簡単に落とすことができますよ。

準備するもの

  • 使い古しのスポンジ:研磨できる面の付いたもの

お風呂の壁の目地のカビ掃除方法

STEP1:壁を濡らす

まずはシャワーで、カビを取りたい部分の壁をしっかりと濡らします。

STEP2:スポンジで磨く

スポンジの研磨できる面を使って、目地を磨きます。爪で押し当てるようにしながら、力を入れてこすってください。

これで、たいていのカビ汚れがキレイに落ちます。

STEP3:水で流す

仕上げに、シャワーでキレイに洗い流せば出来上がりです。

使用後のスポンジは汚いので捨ててください。

お風呂場の壁の目地のカビ掃除の注意点

カビはが深くなってしまうと、簡単には落とせなくなってしまいます。生えてから時間が経ったカビは、専用の漂白剤を使わなければ取れません。もっと頑固になると、漂白剤を使っても取れなくなってしまいます。

また、掃除中も掃除が終わってからも、お風呂場はしっかり換気し、掃除後の壁は乾燥させましょう。湿気が残るとカビが生えやすくなります。

カビ掃除はこまめに行うことが何より大切です。

おわりに

お風呂場の頑固なカビ汚れは、根付かせてしまう前に、こまめな掃除で清潔を保ちましょう。洗剤を使わず落とせば、小さな子供がいる家庭でも安心ですよ。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。