\ フォローしてね /

これで寒い冬も乗り切れる!インコの防寒対策の方法

もともとインコは、熱帯地域に住んでいた動物なので、寒さは苦手のようです。著者の防寒対策をご紹介します。

インコの防寒対策方法

温かい部屋にゲージを移す

夏場は風通しのいい涼しい場所にゲージを置いていますが、冬場は暖かくなっている部屋にゲージを移動させます。普段、よく人も過ごしている部屋が暖かくなっているのでおすすめです。

著者は、冬場はいつもエアコンが入っている自分の部屋にゲージを置いています。室温は、25~26℃くらいの温度にしています。

人が過ごしているリビングなどにゲージを置くと、人もインコも同じエアコンで同じ空間で過ごすことができるので、光熱費が上がる冬場でも、普段、私たちが過ごしている冬場の光熱費とそれほど変わらず、費用も抑えることができます。

ペットヒーターの設置

著者は長野県に住んでいるため、冬はとても寒いです。ペットショップの方に相談したところ、冬場はいつもペットヒーターを入れておくほうが良いそうです。

ただし、エアコンがついているときには、ペットヒーターの電源は切っています。夜間、エアコンを切ったときにペットヒーターに電源を入れ、朝、部屋のエアコンをつける際に、ペットヒーターの電源を切るようにしています。

また、昼間留守にしているときはエアコンの電源を切っているため、ペットヒーターを入れているようにしています。

著者が使っているペットヒーターは、旭光電気工業「ミニペットヒーター20W」です。ゲージに取り付けられるタイプのもので、ゲージの隅に取り付けて使っています。

ゲージのサイズや、地域により寒さが違うので、ペットヒーターを購入するときには、ペットショップの方に相談し適したものを選ぶようにしましょう。

タオルでゲージを覆う

夜インコが寝るときには、タオルでゲージを覆い、保温します。タオルは防寒対策だけではなく、インコが落ち着いて眠れる環境作りにも使うことができます。

タオルで覆うことにより、部屋の明かりもシャットダウンすることができるので、人が電気をつけて起きている遅い時間でも、インコが落ち着いて眠れるのです。

日中は、上の写真のように、タオルでゲージを半分覆うだけでも保温になります。著者は、日中仕事で出ているとき、タオルでゲージを半分多い、ゲージの隅にペットヒーターを入れ、保温しています。

サランラップやダンボールや新聞で囲む

ゲージの前面以外を、サランラップやダンボール、または新聞で囲い、冷気が入りにくくします。

サランラップは、ゲージを暗くさせないため、日中ゲージ内が明るいままインコが過ごすことができます。ダンボールや新聞でゲージを覆う場合は、タオルは利用しません。

サランラップでゲージを覆った場合は、日中は光が入るようにサランラップだけですが、夜間はぐっすり眠れる環境を作るために、サランラップの上からタオルで覆って暗くしています。

防寒対策の注意点

冬場にヒナや中ヒナから飼い始めた場合、ヒナのうちは保温器の中にいるインコが多いので、しばらくは保育器の中と同じくらいの気温で過ごせるような環境を作りましょう。

ヒナのときに入っていた保育器の温度は28℃でしたので、ゲージの中も28℃になるようにペットヒーターを入れています。5月くらいまで、ペットヒーターを常時入れておくと、インコも体調を崩さず冬を過ごすことができます。

保育器の中にいたインコが、急に冬の常温で過ごすことになると、体調を崩してしまうことがあります。小さなうちは寒さへの抵抗力もなく、気づいたら体が冷たくなっていたなんてこともあります。

特にヒナのうちは注意して、こまめに様子を見ながら防寒対策するようにしてください。

おわりに

著者の防寒対策いかがでしたでしょうか?

ペットヒーター以外の防寒対策は、家にあるものでできてしまうので、費用も抑えることができます。寒い冬でもインコが元気に過ごせるように、防寒対策をしてあげましょう。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。