\ フォローしてね /

買い物が楽しくなる!メキシコで役立つスペイン語

筆者は女2人で2週間メキシコを旅行した経験があります。メキシコシティ、プエブラ、タスコを旅したときは、現地のメキシコ人の友人がほぼ同行してくれました。その後、2人でカンクンへ移動しました。

筆者はメキシコへ旅立つ前に、2ヶ月程スペイン語を勉強していたので、多少の会話力はありました。

メキシコには屋台や小さなお店が多く、そのほとんどで英語は通じません。しかし、基本的に陽気で親しみやすいのがメキシコ人。

多少のスペイン語を知っていれば、買い物をするときにコミュニケーションを取ることができます。今回は、筆者の経験をもとに、買い物時に知っておくと便利なスペイン語を紹介したいと思います。

基本のスペイン語

¡ Hola !(オーラ!):「やあ!」

スペイン語のカジュアルな挨拶です。おはよう、こんにちは、こんばんはのすべてを兼ねるので、いつでも使えます。まず、お店に入ったら店員さんに「オーラ!」と挨拶をしてみましょう。

きっと笑顔で「オーラ!」と返してくれます。ただし、目上の人に対してや、格調の高いお店などではカジュアル過ぎるかもしれないので、状況を判断して使いましょう。

Gracias.(グラーシアス):「ありがとう」

とにかくメキシコ人は陽気で親切です。困っているときに助けてもらった時や、何かを購入してお店を出る時など、使う機会はたくさんあります。相手の気持ちを良くするためにも、ぜひこれだけは覚えておきましょう。

「グラーシアス」はメキシコ滞在で一番使えるスペイン語です。

¡ Chao !(チャオ!):「またね!」

Adios(アディオース)という言い方もありますが、「チャオ!」の方がカジュアルで親しみやすく、よく使われています。

買い物で使えるスペイン語

Cuanto cuesta ?(クアント クエスタ?):「いくらですか?」

値段を聞くときに使います。その際、品物を手に取ったり指をさしたりしながら尋ねましょう。

小さな店や屋台では、電卓を置いていあるところが多く、値段を尋ねると電卓で表示してくれることもあります。数字を聞き取れなくてもこれだと安心ですし、値下げ交渉も電卓を使いながらすることができます。

筆者は小物を購入する際、ここまで値引きしてほしいという金額を電卓に自ら打ち、値下げ交渉をしていました。

Por favor.(ポルファボール):「お願いします」

英語の"please"に当たる言葉で様々な場面で使うことができます。買い物では、欲しい品物を手に取って「ポルファボール」と言うことができます。また、レストランではメニューを指差しながら使うこともできるでしょう。

筆者は、スペイン語で欲しいものの単語が分からなかった場合は英語やジェスチャーを使っていました。ただし、必ず語尾にははスペイン語で「ポルファボール」と言うようにしていました。

よく耳にするスペイン語

¡ Mira !(ミラ!):「見て!」

筆者は多少スペイン語を学習してからメキシコを訪れたのですが、本当によく耳にしていた言葉が「ミラ!」でした。自分から使うことはあまりないかもしれませんが、知っていて損は無い言葉だと思います。

grande(グランデ):「大きい」/pequeño(ペケーニョ):「小さい」

品物の説明に頻繁に出てくる言葉です。レストランでも使えます。

bonito/bonita(ボニート/ボニータ):「かわいい、きれいな」

スペイン語は女性名詞、男性名詞があり、それによって形容詞も変化します。アクセサリーを売っているようなお店では、試着時に耳にすることが多い単語です。

実際に経験した現地での会話エピソード

3ヶ国語でコミュニケーション

カンクンはとても観光地化されており、英語を使える人も多いです。筆者は、現地では現地の言葉を使うのが礼儀だと思っているので、主にスペイン語で会話をするように努力していました。

しかしながら、スペイン語での意思疎通には限界があります。そういうときは、英語を使って、更に日本語も交えて会話をしたものです。現地のメキシコ人は、片言の日本語を理解できる人も多いのです。

メキシコ旅行をする人へのアドバイス

いかがでいたか?少しではありますが、上記の言葉を知っておくと買い物がより一層楽しくなります。せっかくメキシコを訪れるので、現地の人とのコミュニケーションも楽しみたいですよね。

メキシコを訪れるときには、礼儀として多少のスペイン語は覚えて行くことをおすすめします。ただし、決して治安がいいと言えないのがメキシコです。気を付けて、楽しい思い出を作ってきてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。