\ フォローしてね /

ティーバッグで簡単に!お茶を保存する方法

著者は毎日の水分補給でいつもティーバッグの紅茶を飲んでいます。今回は、その飲みかけた紅茶の保存方法を紹介したいと思います。

用意するもの

  • ティーポット
  • ティーバッグ…2個
  • 水筒

これで道具は全てです。

保存の方法

STEP1:沸き立てのお湯で紅茶を淹れる

沸き立てのお湯で紅茶を淹れましょう。

この時、ティーバッグを最初に入れる方がいらっしゃいますが、ティーバッグは、お湯を入れた後でそっと静かに入れましょう。最初にティーバッグを入れてしまうと、お茶の風味や香りが、出なくなります。

STEP2:あとは時間をおいて、自分好みのお茶が出るのを待つ

後は自分好みのお茶が出来るまで待ちましょう。おいておく時間によっても、お茶の風味・香りも違います。

それでは、30分おいた物と、1時間おいた物を比べてみましょう。これが、30分おいた物です。

そして、これが1時間後のお茶の様子です。時間をおいた物は、色が濃くなっているのがお分かりになると思います。

30分おいた物は、温かいままのお茶を保存しておきたい方に向いています。

1時間おかれた物は、水筒内に氷をいっぱいに入れて、アイスティーを保存したい方に向いています。

STEP3:あとは水筒に注ぐだけ

あとは、自分が持っている水筒に注いでおくだけです。この3ステップだけで、簡単にお茶の保存は出来ます。

因みに著者は、温かい紅茶を保存したかったので、温かい紅茶を水筒に注いでおきました。

著者のこだわりポイント

著者は、美味しい紅茶がすぐにいつでも飲める様に、いつもカップには注がずに時間を少しおいて、飲み頃の時間を見計らって、いつも水筒のままゴクゴク飲める様に、いつも保存しておく時は、枕元お茶を入れた水筒を置いてあります。

保存期間と注意点

美味しく飲める保存期間としては2日程であれば、水筒に入れておいた状態で常温で置いてある状態であれば美味しく飲む事が出来ます。

さすがに3日ほど経った物は、風味も香りも飛んでしまっているので、2日程で飲み切ってしまった方が良いです。

水筒は紅茶なら紅茶、日本茶なら日本茶専用の水筒を使い分けた方が香りが混ざらず、予めこの水筒は紅茶用、この水筒は日本茶用と決めておけば、間違える事もないです。

美味しいお茶は、心をホッとさせてくれる

著者はいつもこんな形で、いつでもどこでも楽しめる保存方法でお茶を楽しんでいます。

この記事が、お茶の保存方法でお困りの方の一つの参考になって頂けたらと思います。

(image by amanaimages)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。