1. 料理
    2. 大根と余り物を使った「みぞれ煮」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    大根と余り物を使った「みぞれ煮」の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    使い道に困っている、肉、魚の切り身はありませんか?大根をたっぷり使ってとっても美味しいみぞれ煮に料理するコツを、ご紹介します。

    みぞれ煮のコツ

    用意するのは
    大根5~6cm、余った肉や魚の切り身、しょうが、めんつゆ、片栗粉のみです。鶏肉、豚肉、ぶり、たらなどがオススメです。

    また、余った「からあげ」を使うこともできます。(その場合は、煮汁で煮込む時間を短縮しましょう)

    以下、みぞれ煮をつくる3つのコツをご紹介します。

    1:肉または魚にはあらかじめ下味をつける

    塩、こしょう、しょうゆ、酒を使って、あらかじめ下味をつけておきましょう。

    2:めんつゆ、しょうが、たっぷりおろした大根おろしで煮汁を作る

    煮汁は簡単に、三倍濃縮のめんつゆ50cc、水150cc、しょうがのすりおろし、(お好みで砂糖少々)を混ぜて沸騰させましょう。煮汁の量は、目安として魚の切り身なら2~3枚、鶏肉なら一枚分の量です。肉または魚を煮て火が通ったら、たっぷりおろした大根おろしを、軽くしぼって入れます。

    めんつゆは三倍濃縮の場合です。二倍濃縮の場合、めんつゆと水はどちらも100cc用意してください。

    3:最後に水溶き片栗粉でとろみをつける

    美味しいみぞれ煮のポイントは、軽いとろみです。大根おろしを入れて再度沸騰したら、あまり煮込みすぎないうちに「水溶き片栗粉」を加えてとろみがついたら火を止めましょう。

    おわりに

    一見肉や魚が主役に見える「みぞれ煮」ですが、食べてびっくり。大根そのものの甘さと、肉や魚のだしがしみ込んだ大根おろしが主役なのでは?と思ってしまうほど、大根の美味しさが引き立つ料理です。

    しょうがを入れると体も温まり、これからの季節にぴったりの料理。是非、お試しください。

    このライフレシピを書いた人