1. 雑学
    2. 中学・理科1分野「電力と電力量」の学び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    中学・理科1分野「電力と電力量」の学び方

    このライフレシピのもくじたたむ

    今回は、「電力と電力量」について学びます。

    ジュール熱

    学ぶ内容

    ここでは、「ジュールの法則」「電流と発熱量の関係」「電圧と発熱量の関係」について、基礎事項を各項目ごとに確認します。

    ジュールとは、エネルギーや熱量などの単位であり、ジュール熱とは、電流の働きによって生じる熱のことです。

    ジュールの法則

    ジュールの法則は、次のような公式で求めることができます。

    発生する熱エネルギー(ジュール)=電力(ワット)×時間(秒)

    また、電力(ワット)=電圧(ボルト)×電流(アンペア)なので、

    発生する熱エネルギー(ジュール)=電圧(ボルト)×電流(アンペア)×時間(秒)

    と、書き換えることもできます。

    1つ目の公式は、電力の「電圧×電流」を省略した形なので、2つ目の式が完全な公式です。

    電流と発熱量の関係

    上記の公式からわかるように、発熱量は、電圧と電流の強さと、電気を流す時間の積で求めることができるので、電流が強ければ強いほど発熱量は増加します。

    電圧と発熱量の関係

    電流と発熱量の関係と同様に、電圧が強ければ強いほど発熱量は増加します。

    電力・電力量

    学ぶ内容

    ここでは、電力と電力量について基礎事項を学びます。

    電気回路の抵抗で発生したジュール熱は、抵抗に流れた電流がした仕事の量と考えられ、等しいものとなります。これを、電力量と言います。

    抵抗とは、電流を受けて、熱を発したり、光を発したり、運動をしたりする装置のことです。

    おさえるべきポイント

    上記のように、抵抗に流れた電流がした仕事=ジュール熱となります。

    よって、ジュール熱の公式と同様に、電力と電力量の関係は、

    電力量(ジュール)=電力(ワット)×時間(秒)

    と、1つの式で表すことができます。

    また、このとき、電流がした仕事の能率のことを、仕事率(ワット)と言います。

    仕事率は、時間あたりの電流がした仕事の量なので、電力量(=ジュール熱)を時間で割ると求めることができます。上の式では、電力(ワット)と同じものになります。

    おわりに

    ぜひ覚えてくださいね。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人