\ フォローしてね /

万が一に備えて!キャッシュカードを盗まれたときの対処法【体験談】

クレジット機能がついてないからって油断していませんか?

筆者は以前、財布ごとキャッシュカードを盗まれた経験があります。そのときの状況と対処法をご紹介します。

筆者の経験

コンサート会場で財布を盗まれて、そのまま出てこなかったので警察に届けました。

気がついたのはコンサートが終わって、会場を出ようとした時です。バックに入れていた財布がなくなっていて、落とし物のところでずっと探していましたが出てこなかったので、その日のうちに最寄りの交番で届けを出しました。

そして、財布が出てきたのは、千葉のコンサート会場とは遠く離れた高円寺でした。

そのコンサート会場はスリが多発している会場だという事が、後に分かりました。バックに入れていても抜かれたので、それ以降はウォレットチェーンで財布を服に繋げて持ち歩くようにしています。

盗まれたときの具体的な対処法

STEP1:キャッシュカードを止める

カード類を止めましょう。

カードが送られて来た時の書類に、カードを止める際の連絡先が書いてあります。もし、書類をなくしていても、カードの公式サイトに行けば連絡先は載っているはずです。

まず、カード紛失の窓口に連絡しました。無くなった日か、無くなったのに気がついた日を伝えれば、その時点からの取引を無効にしてくれます。基本的には窓口の人が何について聞きたいかを教えてくれます。

発行しているところによって多少の違いがあるかもしれませんが、筆者の場合、まずは無くなった日を伝えて、それから先は使っていない事を伝えました。この時点で、無くなった日から後に使われた分に関しては請求がこちらに来なくなります。引き下しに関しても同様です。

そして再発行の手続きをしました。新しいカードを送ってもらい、パスワードの設定を変えました。まごついても窓口の人がきちんと説明してくれたので、それにそって行けば手続きは完了しました。

STEP2:警察に届ける

警察に届けます。

まずは、交番で書類を作ってもらいます。何が入っていたかとか、克明に思い出せるだけ全部書いてきました。書類自体は、警察官の方が質問しながら書いてくれます。「無くなったカードがどんなものか」や「何枚無くなったか」など、分かる範囲で答えて行きました。

意外とその場ではパニックになってしまって大変でしたが、警察官が丁寧に「これはどうですか?」など、思い出す手伝いをしてくれたので、なんとか書類は完成しました。

筆者の場合は、無くなったことが外出先で分かったので、警察に先に届けましたが、自宅などで無くなった事に気がついた場合は、先にカードを止めた方がいいと思います。

STEP3:思い当たるところは全部問い合わせる

筆者の場合、財布を盗まれてしまったので、キャッシュカード以外の思い当たるカード類すべて連絡しました。ポイントカードなどでも、届け出れば止めて再発行してもらえるものもあります。

大変だったこと

実際に財布に入っていたカード類を全部止めるのに、書類をひっくり返して、連絡先を探すのがとても大変でした。もちろん財布でなく、家でキャッシュカードがなくなったとしても、関係書類を探さなければならないのは一緒です。

キャッシュカードも、作った時の書類が残っていたので、受付時間になったらすぐに連絡して止めてもらいました。分からなかったら、銀行の窓口に直接行くのもいいかもしれません。

カード類の紛失、盗難に備えて、連絡先を1つにまとめておくのが有効だと感じました。キャッシュカードも、いざという時のために、連絡先は手元にあった方が絶対いいです。

キャッシュカードを盗まれたときの注意点

暗証番号はバレやすい

キャッシュカードを盗まれた!といっても暗証番号がわからなければ引き出せない。そう思って油断していませんか?

暗証番号って、意外とバレちゃいます。自分で忘れにくい数字、と思って身近なところから数字を選んでいませんか?一緒に盗まれなかったからといって、保険証や、免許証などの数字に関するものを見られていないとは限りません。

まったく関係のない数字にしている方も多いとは思いますが、意外とカードサイズの書類の中から数字を決めている方も多いです。自分がその場で確かめる時にらくちんですからね。暗証番号は分かり難いものにしましょう。

口座番号と名前が分かる

支店や口座番号、名前はキャッシュカードでも分かってしまいます。

カードに刻印されている名前は、カタカナかローマ字だと思いますが、裏面のサインのところは漢字で自分の名前を書いていませんか?

もしかしたら、ATMからの操作ではなく、書面で手続きをされることもあるかもしれません。住所や電話は「引っ越した」と言って、書類を作成され、そのまま口座引き落としで買い物される可能性も、ゼロではありません。

現金で下ろされないからといって油断してはいけません。そのままデビットカードとして使う事だって出来ます。デビットカードとして使う場合は、クレジットカードのように名前の確認をしない事が多いですが、念のため裏面の名前は漢字で書かないようにしましょう。

ポイントを使われることもある

実際に財布をすられたとき、全てのカード類を止めましたが、ポイントカードのポイントで買い物されてしまいました。まさかそんなものまで!と思うようなものでも、物にしてから換金する方法だってある訳です。

ですので絶対、キャッシュカードでも止めて、警察に届け出ましょう。

筆者は、気がつくのが遅くて、止めたものの、ポイントを1万円分位使われた後でした。

キャッシュカードにはポイント機能のついたものもあります。ポイントを使うだけなら身分証明はいらないので、知らないうちに使われている可能性もあります。

おわりに

たとえキャッシュカードでも、まずは口座のある銀行に届け出て、ストップしてもらいましょう。

新しいカードが届くまでの数日間、少し不便はあるかもしれませんが、勝手に使われないためには、絶対必要な手続きです。面倒がらず、きちんと対処しましょう。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。