\ フォローしてね /

簡単に作れる!オクラの煮浸しの作り方

彩りもきれいで簡単に作れる「オクラの煮浸し」の作り方を紹介します。

煮びたしは、短時間で作れるので、「もう一品欲しいな」というときにおすすめの料理です。

煮浸しとは

煮浸しとは、野菜や魚を薄い調味料液でサッと煮て、そのまま冷まして味を含ませる料理です。小松菜やキャベツ、チンゲン菜などの葉物野菜や、なすや鮎もよく使います。

材料(2人分)

  • オクラ 1袋(8本)
  • 和風だしの素 小さじ1/2
  • 水 1カップ
  • しょうゆ 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • しょうが 少々

作り方(調理時間:10分)

STEP1:しょうがを切る

しょうがを細切りにして針しょうがを作ります。

STEP2:オクラの下処理をする

オクラは塩を振ってこすり合わせ、流水で洗い、へたの硬い部分を取り除きます。

塩でこすり合わせることで、表面の産毛が取れ、皮が柔らかくなり食べやすくなります。また、色も鮮やかになる効果もあります。

STEP3:茹でる

熱湯にオクラを入れ、1分ほど色よく茹でて、ざるに上げます。

STEP4:調味料を加熱する

鍋に水、和風だしの素、しょうゆ、酒、砂糖、しょうがを入れ、加熱し煮立たせます。

STEP5:オクラを漬ける

そこに、茹でたオクラを入れて、強火でひと煮立ちさせてから火を止め、そのまま冷まします。

STEP6:盛り付けて完成

お皿に盛り付けたら完成です。調味料に入れたしょうがも一緒にいただくと美味しいです。

上手に作るためのポイント

  • オクラを茹でる時間は長すぎないようにし、鮮やかな緑色になったところで湯から上げます。
  • 茹で上がったオクラは、熱いうちに煮立った調味料に入れましょう。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。