\ フォローしてね /

コンパクトデジタルカメラを簡単に手入れする方法

デジタルカメラは今やほとんどの家庭が保有してるものかもしれません。

デジタルカメラを長く使用するためには手入れをしてキレイに使いたいものです。ではどういうものを使って手入れをすると良いのでしょうか。

デジタルカメラを簡単にお手入れする方法をご紹介します。

お手入れ方法

デジカメのレンズと液晶、細かな部分のゴミ除きなどのお手入れ方法をご紹介します。

準備する道具

  • ブロアー:100円ショップなどで気軽に購入することができる空気を吹きかけるような道具です。
  • メガネクロス:メガメ拭きクロスはとてもキメ細かい布で作られているためレンズを拭くには適切です。

お手入れの手順

STEP1:全体をメガネクロスで簡単に拭く

全体の指紋などを取るような意識でカメラ全体をメガネクロスで拭きましょう。

STEP2:ブロアーでゴミを吹き飛ばす

ブロアーでボタン部など細かいところに空気を吹きかけてゴミやホコリを飛ばします。

細かい部分だけでなく、レンズなどにも吹きかけてホコリをとりましょう。

STEP3:メガネクロスで拭く

レンズや液晶部分をメガネクロスでしっかり拭きます。ゴシゴシではなく、やわらかく丁寧に拭きましょう。

お手入れ終了です。

お手入れ時の注意点

通常のタオルなどで拭いてしまうとタオルの繊維などが付着してしまう恐れがありますので、繊維離れがしにくいメガネクロスを使うようにしましょう。

綿棒などを使うと綿が隙間に入ってしまって故障の原因になることもありますので使わないそうにしましょう。

手入れしてるときに誤ってデジカメを落としてしまわないようにデスクなどの上にデジカメを置いて作業するようにしましょう。

おわりに

月に1度でも良いので手入れをすることで快適に長く使うことができます。

デジカメはデジカメケースに入れてきとんと保管し、手入れをやさしく行うようにしましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。