\ フォローしてね /

重要句法の宝庫「蛇足」読解のポイント

日常語として使われている「蛇足」。余計なものという意味ですが、実はこれも故事成語です。その原典『戦国策』にあたってみましょう。

白文

楚有祠者。賜其舎人巵酒。

舎人相謂曰、
「数人飲之不足、一人飲之有余。
請画地為蛇、先成者飲酒。」

一人蛇先成。引酒且飲之。
乃左手持巵、右手画蛇曰、
「吾能為之足。」

未成、一人之蛇成。
奪其巵曰、
「蛇固無足。子安能為之足。」

遂飲其酒。為蛇足者、終亡其酒。

書き下し文

楚に祠(まつ) る者有り。
其(そ)の舎人(しやじん)に巵酒(ししゆ)を賜ふ。

舎人相謂(い) ひて曰く、
「数人之を飲めば足らず、
一人(いちにん)之を飲めば余り有り。
請(こ)ふ地に画(ゑが) きて蛇を為(つく)り、
先づ成る者酒を飲まん」と。

一人の蛇先づ成る。酒を引き且(まさ)に之を飲まんとす。
乃ち左手(さしゆ) もて巵(し) を持し、
右手(いうしゆ) もて蛇を画きて曰く、
「吾能く之が足を為(つく) る」と。

未(いま)だ成らざるに、一人の蛇成る。
其の巵を奪ひて曰く、
「蛇固(もと) より足無し。
子安(いづく)んぞ能く之が足を為(つく) らん」と。

遂に其の酒を飲む。蛇の足を為(つく) る者、
終(つひ)に其の酒を亡(うしな) ふ。

  • 祠(まつ) る者:神に仕える人。神官神職。
  • 舎人(しやじん):従者。食客という意味もある。
  • 巵酒(ししゆ):大きな酒器に入った酒。「巵」は、「杯」と訳されることがありますが、「杯を持ちながら、蛇の足を描く」のは無理がります。ここでは取っ手の付いた容器と解釈します。
  • 子:あなた。尊称。

句法

  • 請ふ~飲まん:飲むことにしよう。丁寧な命令・希望・提案などを表す。
  • (まさ)之を飲まんと今にもそれを飲もうとした。非常に近い未来を表す。「且」(まさニ~ス)は再読文字。
  • 能くできる。可能を表す。
  • 未だ成らざるに:まだでき上がらないうちに。未完了を表す。「未」(いまダ~ズ)は再読文字。
  • 安(いづく)んぞ能く之が足を為(つく) らどうしてこれの足を描けるだろうか、いや描けはしない。反語を表す。
重要な句法が目白押しです。しっかり覚えましょう。

現代語訳

楚の国に神を祭る人がいた。その従者たちに大きな入れ物に入れた酒を与えた。

従者たちは相談して言った。「数人でこれを飲めば足りないし、一人で飲めば余る。地面に蛇を描いて、先にできた者が酒を飲むことにしよう。」

一人の蛇がまずでき上がった。酒を手に取って、飲もうとした。そこで左手で入れ物を持ち、右手で蛇を描いて言った。「私はこいつの足を描くこともできるぞ。」

(足が)まだでき上がらないうちに、別の一人の蛇ができ上がった。入れ物を奪って言った。「蛇にはもともと足などない。あなたはどうしてこいつの足を描けるんだ。」

そのまま酒を飲んでしまった。蛇の足を描いた者は、とうとうその酒を飲みそこなった。

『戦国策』と「蛇足」の背景

『戦国策』は、戦国時代の遊説家たちの弁論を前漢の時代に劉向(りゅうきょう)がまとめた書。自国の利益のために敵国を巧みに説得する遊説家たちの機略縦横の活躍が描かれています。文学的価値も高いとされています。

紀元前323年、楚の強力な将軍に脅威を感じた斉の王が、その将軍のもとに遊説家の陳軫(ちんしん)を送り込みます。陳軫が斉への侵略を思いとどまらせるために述べたのが「蛇足」の話です。

つまり、将軍はすでに大きな武功をあげ、限度まで出世もして、それ以上のことはできない。斉を攻めるのは「蛇足」のようなものだ。それよりは兵を引いて斉に恩を売った方がいいではないか、というわけです。納得した将軍は軍を撤退させたということです。

戦国時代とは言っても、国力を疲弊させる戦争よりは平和的解決の方を追求する風潮が背景にありました。そこに遊説家が活躍する機会もあったのです。

おわりに

『戦国策』には「蛇足」のように面白い話が盛り沢山です。興味を感じたら、ぜひ読んでみてください。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。