\ フォローしてね /

巻いて、かけて!マフラーの簡単収納方法

マフラーは秋から春までよく使いますね。ちょっと首まわりに掛けるだけでも寒さの感じ方が全然違います。シーズン中は直ぐに使えるようにしておきたいし、オフシーズンには来シーズンも快適に使えるように収納したいですよね。

ここではマフラーの収納方法を紹介します。

用意するもの

  • ドアに掛けるフック
  • 使わなくなったブレスレット

シーズン中の使い方

ブレスレットに3つ折りにして細くしたマフラーを通して、ドアフックに掛けておきます。S字フックを使ってクロゼットに掛けることも出来ます。使いたい時に直ぐ見つかるので便利です。

1つのフックに4~5枚は掛ける事ができます。

オフシーズンの収納方法

クリーニングに出した後に袋から出して、くるくる巻いて籠に入れます。埃にならないように上から布を掛けてクロゼットに保管します。巻いておくとシワになり難いようです。

注意点

クリーニングに出した後、袋に入れたまま収納すると折り目がそのまま残ってしまうので注意しましょう。

セーターと違い、小さい物は1つにまとめて置いた方が次のシーズンに使いたい時にでどこへ収納したか忘れて困る事が有りません。

おわりに

いかがでしたか。ここではマフラーの収納方法を紹介しました。綺麗に保管して次のシーズンも気持ちよく使いたいですね。ぜひ参考にして下さい。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。