\ フォローしてね /

かわいくて使いやすく!100均グッズでメイク道具を収納する方法

分類して整理しておいたつもりのメイク道具、いつもどこにあるか分からなくなってメイクがスムーズにできない・・・そんなことありませんか?

ぱっと見てすぐわかるくらい使いやすく、かわいらしい収納方法をご紹介します。

メイク道具収納のポイント

ポイント1: 100均のかごを使う

著者は洗面所の引き出しに収納しています。引き出しに入れて整理するため、100均で引き出しのサイズに合わせたかごを3個購入しました。

写真で使用しているかごはダイソーのもので、ビニル製チューブで編んであり柔らかいため、多少スペースが狭くても引き出しにぴったり収めることができます。

かごを数個用意すると分類しやすいです。同サイズでなく大小でもかまいません。

ポイント2:分類の仕方

著者の場合、写真の上から順に次のように分けています。

  • ベースメイク(下地、ファンデーション、パウダーの他、アイシャドウ・チーク)
  • 細長い容器に入っているもの(リップ、マスカラ、アイライナー)
  • 道具(ビューラー、ブラシなど)
かごが2つの時は道具と化粧品に分けると、使いやすいと思います。

ポイント3: 携帯するポーチも収納

写真の一番下に写っているように、いつも持ち歩く化粧ポーチも中身を入れたまま、空いている隙間の部分に収納します。

家でメイクする時にそのまま出して使い、他に使用するものを引き出しから選び出すとスムーズになります。

メイク道具を収納する時の注意点

かさばってしまうので、たまにしまっているものをチェックして古い口紅やファンデーションは処分するようにしましょう。

おわりに

ぱっと見てわかりやすくするには、日頃の整理も必要です。皆様の参考になりましたら嬉しく思います。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。