1. 暮らし
    2. コーヒーを煎れた後の粉を使って!生ゴミのニオイを防ぐ方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    コーヒーを煎れた後の粉を使って!生ゴミのニオイを防ぐ方法

    毎日の調理で必ず出るのが生ゴミです。部屋の温度が上がる夏場などは、生ゴミから悪臭が出て困ってしまいますよね。

    ここでは、著者が実践している生ゴミのニオイを防ぐ方法をご紹介します。

    ニオイを防ぐのに必要な道具

    • ポリ袋
    • コーヒーを煎れた後の粉
    • 新聞紙やキッチンペーパー

    ニオイを防ぐ具体的な手順

    STEP1:コーヒーを入れた後の粉を乾燥させる

    コーヒーを煎れた後に出る粉を、タッパーなどに入れて乾燥させておきます。

    STEP2:袋の中にキッチンぺーぺーを敷く

    袋の中にキッチンペーパーや新聞紙などを敷きます。

    キッチンペーパーが生ゴミから出る水分を吸い取ってくれます。

    STEP3:生ゴミを入れる

    袋の中に生ゴミを入れます。

    STEP4:コーヒーの粉を入れて袋の口を縛る

    最後に、コーヒーの粉を入れて袋の口を縛れば完成です。そのまま。ゴミ箱に入れます。

    生ゴミ用ゴミ箱のニオイを防ぐときに注意すること

    ゴミ箱は、蓋付きで密閉できるタイプの物がオススメです。魚などのニオイが出やすい物は、袋を二重にするとよりニオイが防げます。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか。コーヒーの粉は、嫌なニオイを取ってくれるのでコーヒー好きの方はぜひお試しください。著者の経験が少しでもお役に立てば幸いです。

    (image by amanaimages)
    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人