\ フォローしてね /

本格!バーニャカウダとパプリカのローストの作り方

簡単に作れる本格バーニャカウダソースをご紹介します。

バーニャカウダソースとは、アンチョビとニンニク、オリーブオイルなどで作る温かいソースのことです。最近、女性の間では野菜にバーニャカウダをつけて食べるのが流行っていますね。

今回はシンプルにパプリカと合わせてみました。肉厚な赤いパプリカはまるでフルーツのよう!この濃厚なソースと相性は抜群です。

材料(4人分)

  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • おろしニンニク・・・小さじ1
  • アンチョビフィレ・・・2切
  • 生クリーム・・・50ml
  • 塩コショウ・・・適量
  • パプリカ(赤)・・・大2個

作り方(調理時間:40分)

STEP1:パプリカをローストする

クッキングシートを敷いた天板にパプリカを並べ、塩コショウしてオリーブオイル(記載材料外)を回しかけます。

180℃に設定したオーブンで、焦がさないよう時々回しながら柔らかくなるまで約30分ローストします。全体がシナ〜っとなり、外皮が浮き上がってきたら取り出します。

オリーブオイルは上部にかけるだけでOKです。途中、回転させるのでオイルが全体になじみます。
7〜8分ごとにトングなどでパプリカを回転させると、30分くらい経った頃には全体がキレイに柔らかくローストされます。

STEP2:パプリカの皮を剥く

少し冷めたら、手で皮を剥きます。

STEP3:お皿に盛り付ける

ヘタと種を取り除いて、縦8等分に切り、お皿に並べます。

小さめのパプリカの場合は、4等分くらいでもいいです。

STEP4:ニンニクを炒める

小さめのフライパン(または小鍋)に、オリーブオイルとおろしニンニクを入れ、弱火で香りがでるまで約2~3分炒めます。

STEP5:アンチョビを加える

アンチョビを加え、スパチュラ(またはフォーク)で細かく潰しながら約2〜3分炒めます。

STEP6:生クリームを加える

最後に生クリームを加え、フツフツと泡がでるまで、中火で約1分ほど軽く火を通します。

STEP7:バーニャカウダソースの完成

器に移したら、バーニャカウダソースの出来上がりです!

STEP8:完成!

キレイに並べたパプリカの上に、バーニャカウダをかけて完成です。

上手に作るためのポイント

バーニャカウダはニンニクの香りが大事なので、焦がさないように炒めます。今回はおろしニンニクを使いましたが、みじん切りでも美味しいです。

アンチョビの塩分が強いので、はじめの塩コショウは控えめにします。

さいごに

赤のパプリカは見た目も華やかなので、パーティーの1品としてもオススメです。

簡単に作れるバーニャカウダは、茹でたブロッコリーやカリフラワー、スティック状の生野菜の他、パンにつけても美味しいですよ。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。