\ フォローしてね /

北海道・厚岸町の「あっけし・桜牡蠣まつり」の参加体験談

2011年5月に、以前から行ってみたいと思っていた北海道の厚岸町の「あっけし・桜牡蠣まつり」に行きました。

家族と車で行ったのですが、前日釧路に泊まって当日根室の道の駅までドライブした後、厚岸の牡蠣まつりに行くという中々ハードな行程でした。

あっけし・桜牡蠣まつりの詳細

思い立ってから行き先や旅程を決めるまでの手順・理由

北海道はカニまつりやウニまつりなど海産物が名産の地域で行われる魅力的なお祭りが多いのですが、北海道のイベントが紹介されている「GoodDay北海道」というサイトがあり、そこで今回のお祭りを見つけました。

厚岸町は行ったことがなかったということと、牡蠣が好きなので家族と相談していくことに決めました。

旅行手配手順の詳細

移動はすべて自分の車だったので、ホテルのみインターネット予約しました。

かかった費用

  • 交通費(ガソリン代):約10,000円
  • ホテル代:3,500円
  • お土産代:約1,500円
  • 牡蠣まつりでの昼食代:1,800円

満喫したエピソード・おすすめポイント

やっぱり牡蠣!

写真のように会場にはたくさんの出店がでています。厚岸で採れた牡蠣をその場で焼いてくれたり、他にもホタテやアサリも売っていました。

生の牡蠣を買って有料の焼き台や炭を借りて、グループで楽しんでいる人もいました。焼いた牡蠣も絶品でしたが、出店で買った牡蠣フライも最高でした。

桜が見ごろ

このお祭りは桜も楽しめる時期に実施されています。

行った日もちょうど見ごろだったので、牡蠣を食べた後に会場になっている子野日公園を桜を見ながらお散歩しました。

おわりに

厚岸町は初めて行きましたが、穏やかな雰囲気と海が見える景色もきれいで、とてもいい町でした。

牡蠣が好きな人、北海道の道東に興味を持っている人にはぜひ行ってほしいと思えるお祭りです。

周辺でいうと、根室や釧路も春国岱釧路湿原など北海道の中でここにしかない!という景観をもつ場所もあり、魚介類も新鮮でおいしいのでせっかく行くなら何カ所か組み合わせてご旅行されることをおすすめします。

厚岸まで行く方法は厚岸町役場ウェブサイトをご参照ください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。