\ フォローしてね /

隠し味はラー油!アボカドとツナのピリ辛手巻き寿司の作り方

アボカドとツナで手軽にできる手巻き寿司です。ここではラー油を使って、いつもとちょっと違う手巻き寿司をご紹介します。

材料(1人分)

  • ご飯・・・お茶碗1杯分
  • すし酢・・・小さじ2
  • アボカド・・・半分
  • ツナ缶・・・1缶
  • マヨネーズ・・・大さじ2
  • 顆粒和風だし・・・ひとつまみ
  • 醤油・・・少々
  • ラー油・・・少々
  • 海苔・・・1枚

作り方(調理時間:20分)

STEP1:酢めしを作る

ご飯にすし酢を入れ、混ぜます。

STEP2:具の準備

ツナは中の油は捨て、お皿に移しマヨネーズ、顆粒の和風だし、ラー油を4滴ほど入れて混ぜます。

STEP3:アボカドを切る

まず、アボカドを縦にして一周包丁をいれます。切ったアボカドの半球を、それぞれを右手、左手で持ち、反対方向に回すと2つに分かれます。種が残った物と種がない物に分かれたら、種がないほうの皮を断面からはがす様に剥き、平らな面を下に向け、縦に8mm幅で切ります。

アボカドの幅はお好みですが、8mmくらいが切りやすく、食べた時にアボカドの存在感を感じられます。
アボカドは時間が経つと黒くなるので、残ったものは早めに使うか、レモン汁などを断面に塗って保存してください。

STEP4:具を包む

半分の海苔を用意し、海苔の左に酢めしを四角に広げます。そこへアボカド、ツナを海苔の左上から右下に向けて、斜めにご飯の上にのせて巻いていきます。

左端をかぶせたら右側の海苔でかぶせます。そしてそのままくるっと巻き続けてください。

STEP5:完成

お皿に盛り付けたら完成です。

上手に作るためのポイント

ご飯を乗せるときになるべく平たく乗せると、巻きやすくなります。味が付いているので、醤油がなくてもおいしくいただけます。また、ラー油は好みで調節して下さい。

さいごに

お寿司といえばお刺身ですが、お刺身は高くてなかなか買えなかったりする方もいらっしゃると思います。しかしアボカドを使えばマグロのような味がするので、節約するにはもってこいの食材です。

ぜひこのレシピで手軽に手巻き寿司をしてみて下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。