\ フォローしてね /

ポルトガル リスボンのオススメ観光スポット3選

本記事では、2010年7月下旬に友人と2人で旅をした、ポルトガルのリスボンの観光スポットをご紹介します。

ポルトガル旅行の詳細

  • 日程:2010年7月下旬
  • ルート:リスボン→マドリッド→バルセロナ、三都市を巡るフリーのパックツアー
  • 宿泊:パックになっていたリスボンのホテル
  • 参加者:友人と2人

おすすめ観光スポット3選

1:ジェロニモ修道院

世界遺産の1つです。

市電でベレンという駅が最寄駅になります。電車を降りて徒歩5分ほどです。

リスボンは友人たっての希望で旅程に組み込んだので、筆者は事前に観光地の知識はなかったのですが、この修道院はとても見ごたえがありました。

なんといっても壮大なスケールの建物、回廊にほどこされた彫刻が素晴らしかったです。

入場料ははっきり覚えていませんが、6~7ユーロでした。リスボンカードというのを持っていると無料になるそうです。

写真撮影はOKですが、フラッシュはNGですので、マナーとして覚えておきましょう。

2:発見のモニュメント

ここは、ジェロニモ修道院から見えているのですが、歩くと15分ほどかかります。

「大航海時代」と聞くとロマンで胸がいっぱいになりますね。この塔は、航海王エンリケの没後500年記念に建てられたそうです。

塔にはエンリケ王、バスコ・ダ・ガマをはじめ、天文学者、宣教師、船乗りや学者等、ポルトガルの英雄が彫り込まれています。

塔の上階にエレベーターで上れるそうですが、6ユーロと意外と高かったので上りませんでした。

3:ロカ岬

リスボンからは現地ホテルのパンフレットで見つけた半日バスツアーで行きました。ツアー価格は忘れてしまいましたが、途中コーヒーブレイクでシントラという街に立ち寄ったりして、所要時間は5~6時間でした。

ロカ岬はユーラシア大陸の西の果てです。塔には「AQUI... ONDE A TERRA SE ACABA E O MAR COMECA...」と刻まれています。「ここに地終わり、海始まる」という意味です。その言葉をかみしめたくなる風景です。

時間があれば自力で行く方法もさほど難しくないようです。

良かった点、悪かった点

ポルトガルの観光で悪かった点は特に思い浮かびませんが、ヨーロッパの中でも物価の安いポルトガルにあって、6ユーロ、7ユーロといった入場料は少し高く感じましたが、何度も訪れる機会はないと思って入場しておくと後悔がないと思います。

3つの観光地の良かった点は、大航海時代に隆盛を誇ったポルトガルの一面を強く感じられるところです。日本との長い長い友好関係を少し勉強していくと、より親近感が湧いて印象深い旅になると思います。

おわりに

以上、ポルトガルの観光で特に印象深い3つの観光地をご紹介しました。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。