\ フォローしてね /

古文「枕草子」の読解ポイント

中学の国語では古文の学習として「枕草子」が出てきます。「枕草子」は有名な随筆なので、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

とはいえ、いきなりこれを読解するのは難しいので、枕草子の読解のポイントを説明します。

作者について

「枕草子」の作者は清少納言といいます。

平安時代中期、中宮定子(中宮=天皇の妻たち)に使えていた清少納言が書いた随筆で、日本における随筆の起源と言われています。

随筆とは、今で言うエッセイのことです。筆者の体験や知識をもとに、その感想や思想などをまとめたもののことを言います。

清少納言は紫式部と並んで、平安時代を代表する女流作家です。紫式部とライバルだった思われがちですが、実際はそうではなく、面識すらなかったと言われています。

枕草子の内容

枕草子は「類聚章段」「随想章段」「回想章段」などの多彩な文章から成り立っていますが、中学の教科書にはその全ては載っていません。

類聚章段

「ものづくし」として有名で、「すさまじきもの」や「うつくしきもの」などの表現が出てきます。

随想章段

日常生活や四季を観察したものが中心です。

回想章段

清少納言が使えていた中宮定子の周辺や宮廷社会のことが書かれています。

中学で習う枕草子は、「春はあけぼの」から始まる第一段だけで、枕草子全てを学ぶわけではありません。また、第一段は随想章段にあたります。

読解のポイント

枕草子は、先程も述べたとおり、第一段だけを学びます。

春はあけぼの。やうやう白くなりゆくなりゆく山きは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる
  • やうやう:「だんだん」

訳:春はあけぼの(がいい)。山ぎわ(山に接する空の部分)がだんだん明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている(風景がいいのだ)

夏は夜。月のころはさらなり、やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。
  • をかし:「趣がある」

訳:夏は夜(がいい)。月のころ(満月のころ)は言うまでもなく、やみも(新月のころ)でも、ほたるが飛びちがっている(風景がいいのだ)。また、1匹2匹とほのかに光って飛んでいるのも趣がある。雨など降るのもよい。

秋は夕暮れ。夕日のさして山の端(は)いへと近うなるたるに、烏(からす)の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛びいそぐさへあはれなり。まいて雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。
  • あはれなり:「しみじみとした情緒がある」
  • いと:「とても、たいへん」

訳:秋は夕暮れ(がよい)。夕日がさして山の端へと近くなっていくと、烏がねぐらへ行こうとして、3羽4羽、2羽3羽と飛び急ぐ風景は、しみじみとした情緒がある。まして、雁などが連なって飛んでいるのが見えるのは、とても趣がある。日が暮れてから聞こえてくる、風の音、虫の音などは、言うまでもないことである。

冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もてわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。
  • わろし:「良くない」
  • つきづきし:「似つかわしい」

訳:冬は早朝(がよい)。雪が降っている朝は言うまでもなく、霜がとても白い朝も、またそうでなくても、たいへん寒い朝は火などを急いでおこして、炭をもって運びまわるのも、とても似つかわしい。昼になって、寒さがゆるんでいくと、火桶の火も白い灰になってきてよくない。

読んでいくと、「いと」や「をかし」という表現がたくさんあることが分かります。それだけその情景を強調したい意図があるといえます。

さいごに

古文で出てくる独特の言葉の意味さえ覚えておけば、現代語訳がなくても、意味は理解できるようになると思います。

また、枕草子はあまり難しい文法があったりするわけではないので、慣れるまでは何度も現代語訳を作ってみながら、意味を理解していくことが、古文に慣れるコツです。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。