\ フォローしてね /

これだけ知っておけば大丈夫!結婚祝いの袱紗の包み方と渡し方のコツ

ご祝儀袋は直接カバンやバッグに入れないのがマナーです。気づかぬうちに汚れてしまったり端が折れてしまうなんてこともあります。

ご祝儀は相手へのお祝いの気持ちをこめた贈り物ですからご祝儀袋は袱紗(ふくさ)に包んでおきましょう。

袱紗(ふくさ)の選び方

慶事(結婚式などお祝い事)ではえんじ色、赤、紫などの赤系統のものを用意します。弔事(葬式・法事などのお悔やみ事)では紺、グレー、紫のものを用意します。また包む手間のない金封ふくさも便利です。

紫色は慶事、弔事とどちらにも使うことができます。

慶事と弔事で包み方が異なります。

祝儀袋の包み方

用意するもの

  • 袱紗(ふくさ)1枚
  • ご祝儀袋 1個
袱紗がない場合はハンカチや小さな風呂敷で代用できます。

袱紗のつつみかた

今回は袱紗がない場合を想定して小さな風呂敷(48センチ×48センチ)を代用しています。ですが包み方の手順は袱紗と同じです。

STEP1:風呂敷にご祝儀袋を置く

図のように袱紗を置き、中央よりも少し左寄りに祝儀袋を表にしておきます。

STEP2:左を中に折りたたむ

左を中折りたたみます。

STEP3:上をたたむ、下をたたむ

まずは上から畳みます。このとき裾がそのままにならないようにご祝儀袋の大きさに合わせて内側に折りこみます。下も同じようにたたみます。

STEP4:右を折り裏へ折り返す

袱紗の場合一度ですみますが風呂敷の場合大きいので右を数回たたみます。

この写真のようになったら最後に右をおり裏へ折り返して出来上がりです。

STEP5:完成!

完成です。写真に見えている面が表書きがある面になっています。黄色い丸をしてある所が小さな三角ができるようにすると綺麗です。

渡すときのマナー

受付ではお祝いの言葉を伝える

お祝いの気持ちをまずは伝え、その次に新郎新婦とはどのような関係なのかを伝えると受付の人もスムーズに準備できます。

例「本日はおめでとうございます。新婦の友人の○○と申します。」

ご祝儀を渡すときにもひとこと添える

相手の前で袱紗からご祝儀袋を取り出し、相手側に向けて(受付の人が受け取るときに正面になるようにして)から両手で持ち「お祝いの気持ちです。」「気持ちばかりですがお納めください」などと一言添えて渡します。

このとき袱紗は簡単にたたんでおきましょう。

覚えてしまえば怖いものはなし!

こうしてみると袱紗は包み方さえ覚えてしまえば難しいことは何もありませんし、受付で渡すときも難しいことはありません。お祝いする気持ちが何よりも大切ということですね。

皆様のお役にたてれば幸いです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。