1. 雑学
    2. 心なごむ話「推敲」の読解ポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    心なごむ話「推敲」の読解ポイント

    推敲」とは、ご存じのように、言葉や表現を工夫して文章を磨き上げていくことです。では、なぜ推敲という熟語がそのような意味をもつようになったのでしょうか。そのもととなった有名な話を漢文でご紹介しましょう。

    白文

    賈島赴挙至京、
    騎驢賦詩、
    得「僧推月下門」之句。
     
    欲改推作敲。
    引手作推敲之勢、未決。
    不覚衝大尹韓愈。
     
    乃具言。
    愈曰、
    「敲字佳矣。」
    遂並轡論詩。

    書き下し文

    賈島(かたう)挙に赴きて京(けい)に至り、
    驢(ろ)に騎(の)りて詩を賦(ふ)し、
    「僧は推(お)す月下の門」の句を得たり。
     
    推(すゐ)を改めて敲(かう)と作(な)さんと欲(ほつ)す。
    手を引きて推敲の勢ひを作すも、未(いま)だ決せず。
    覚えず大尹(たいゐん)韓愈(かんゆ)に衝(あ)たる。
     
    乃(すなは)ち具(つぶさ)に言ふ。
    愈曰はく、「敲の字佳(よ)し」と。
    遂に轡(くつわ)を並べて詩を論ず。

    • 賈島(779-843):唐代の詩人。詩作に苦心したことで知られています。韓愈の庇護を受けました。
    • 挙:科挙。中国で昔行われていた試験のことです。
    • 驢:ロバ
    • 敲:叩く
    • 手を引きて:手を動かして
    • 推敲の勢ひを作す:押(推)すと叩(敲)くの動作をしてみる
    • 大尹:都の長官
    • 韓愈(768-824):唐代を代表する文人の一人。詩と散文双方の分野で大きな足跡を残しました。
    • 衝たる:ぶつかる、突っ込む。
    • 遂に:そのまま
    • 轡:馬を操るために口にくわえさせる道具。
    • 轡を並べて:馬が首を並べること。そこから、一緒に同じことをするという意味も生まれました。

    句法

    • 決→未(いま決せ:「まだ決まらない」という未完了を表します。「未」は再読文字です。
    • 覚→覚え:「知らずに、気付かずに」という打ち消し(否定)を表す。
    • →乃ち:「そこで」

    解釈

    賈島が科挙の試験を受けるために長安の都にやってきて、
    ロバに乗って、詩を作っていると、
    「僧は推(お)す月下の門」という句が浮かんだ。
     
    (だが)「推」を改めて「敲」にしようと思った。
    手を動かして「押す」「叩く」の動作をしてみたが、決まらなかった。知らぬ間に都の長官、韓愈(の行列)にぶつかってしまった。
     
    そこで(事情を)詳しく説明した。
    韓愈は言った。「敲の字がいい」と。
    そのまま轡を並べて詩を論じ合った。

    鑑賞

    賈島が、身分がはるかに上の韓愈の行列に突っ込んでしまったのに、二人はすぐに意気投合して詩を論じることになります。賈島のひたむきさ、韓愈のおおらかさ、芸術に打ち込む者同士の身分を越えた心の通い合いは、読者の心をなごませるのではないでしょうか。この二人の心理を読み取ることが読解のポイントと言えるでしょう。

    なお、「なぜ韓愈は『敲』の方をよしとしたのか」という質問が寄せられることがあります。韓愈自身の説明は書かれていないので、何とも言えません。例えば「叩くと音が響いて、月夜の静けさが際立つから」というような意見もあり、説得力はありますが、あくまで推測です。

    出典

    「推敲」の出典は『唐詩紀事』。宋代に成立し、唐の詩人1150人についての様々な記事を収録しています。この書で散逸を免れた作品も多く、唐詩研究には欠かせない資料となっています。

    おわりに

    今回の故事成語の背景には、詩人同士の熱い心の交流が感じられました。故事成語を通して人の様々な生き方を知ってもらえれば、と思います。

    このライフレシピを書いた人