\ フォローしてね /

中学理科2分野・細胞のつくりとはたらきを学ぶポイント

ここでは、中学「理科2分野」の「細胞:細胞のつくりとはたらき」の学び方について紹介します。機能ごとに追加していきますので1つ1つ覚えていきましょう。

基本構造(植物・動物の細胞に共通するもの)

1.細胞膜

細胞を仕切っている膜になります。

2.核

通常、1個の細胞のなかに核が1個存在し、染色糸核小体核液核膜で構成されています。

染色糸は生物の遺伝子(DNA)の元となります。核小体はリボソームRNAを合成する役割があります。それらが核液と言う液状物質に満たされ、核膜で覆われています。

核を顕微鏡で観察する際は酢酸カーミンまたは酢酸オルセインで赤く染色させます。

3.細胞質

細胞の中を満たしている液です。主に水とたんぱく質でできています。

動物の細胞のみに見られる構造

動物の細胞は細胞自身を支えるものがないため形状が定まっておらず、全体的に丸みをおびたような形状になります。

1.中心体

3つに連なった微小管が9個環状に配置されたものが2個1組になって、L字型に連なったような形状をしています。細胞分裂の際の染色体の移動に関係しています。

植物の細胞のみに見られる構造

1.細胞壁

細胞膜の更に外側を覆っている膜です。骨のない植物はこの細胞壁によって体を維持しています。この細胞壁によって、植物細胞は四角い形になっているものが多いです。

2.葉緑体

中に葉緑素が入っており、光合成を行うことによって植物の栄養を生成する役割をしています。葉が緑色をしているのは、この葉緑体があるためです。

3.液胞

細胞の活動によって生じた老廃物を貯めたり細胞内の浸透圧を調整するために糖類・塩類などを含んだ液が入っています。若いうちは小さいですが老化するに従って大きくなります。

その他の細胞小器官

動物・植物の両方に存在していますが、次の2点についても覚えておきましょう。

1.ミトコンドリア

細胞の中で呼吸をしてエネルギーを生産するはたらきをします。

2.ゴルジ体

分泌に関する役割を果たしています。神経細胞や消化管のような分泌線細胞に多く見られます。

当初、動物だけに存在するものと考えられてきましたが、後に植物にも確認されるようになりました。当初見つからなかったのは植物のゴルジ体が動物に比べ小さく光学顕微鏡での観察が難しいためです。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。