\ フォローしてね /

絶品わらび餅!名古屋の名店「芳光」

あまり知られていませんが、名古屋を中心とした尾張や三河地域は昔から茶の湯文化が盛んで、お茶会などに用いられてきた和菓子の老舗・名店がとても多いエリアです。

今回はその中でも、有名人・著名人にもファンが多い和菓子の名店をご紹介します。

お店の紹介

  • 店名…芳光(よしみつ)
  • 所在地…〒461-0038 名古屋市東区新出来1-9-1
  • 電話番号…052-931-4432
  • 営業時間…9時〜18時
  • 定休日…日曜(1月1日~3日休)
  • アクセス…名鉄瀬戸線「森下」駅より徒歩10分。

または基幹バス「山口町」から東へ徒歩4〜5分(駐車場有り)

お店を知った理由

もともと名古屋の情報番組や雑誌などでたくさん紹介されているお店だったので、店名はよく聞いていました。

特にわらび餅が有名なお店で、著者がわらび餅好きだったこともあり、いつか行きたいと心に留めていたお店でした。

オススメ商品

わらび餅(285円)

芳光を代表するお菓子です。本わらび粉を使ったお餅は、持つだけで崩れてしまいそうなほど柔らかく、黒文字(和菓子を食べる時に使用する、竹や木で出来たナイフ型の楊枝)で切れないほどプルプルしています。

中にはとても滑らかで控えめな甘味のこし餡が入っています。優しい繊細な味で、こし餡があまり得意ではないが著者が初めて美味しいと感じた味でした。

口に入れるとふわりととろけるような食感です。きな粉の風味、餅のプルブルした食感、餡の甘味が一体となって、とても完成度の高い、品のある味わいとなっています。お店を代表するにふさわしい秀逸な一品です。

わらび餅は10月~6月まで(秋~春)の期間限定販売です。

羽二重餅(285円)

今の時季はお餅の上に木の芽がのっているので「木の芽餅」とも呼ばれるお菓子です。椿の葉がのってる時季もあり、その際は「椿餅」と呼ばれ、名前にも季節を感じる人気の一品です。

薄く滑らかなお餅に包まれているのは豆の風味がしっかりきいたつぶ餡。甘さも程よく、お餅の薄さと餡のバランスの良さを感じます。またお餅の滑らかさと餡の豆の食感も絶妙です。ほのかに感じる木の芽の香りも良いアクセントになっています。

表面が葛粉で出来たゼラチン状の膜でコーティングされているのも特徴です。おそらく表面の乾燥を防ぐために施されていると思われますが、このコーティングのおかげでつるんとした食感も楽しめ、一般的な羽二重餅にはない味わいを生んでいるように思います。

おわりに

店内にはイートインもコーナーもあり、お店で買った商品を店内で食べることができます。

わらび餅は有名だけあって、夕方に行くと売り切れていることもあります。お取り置きも可能なので、予約をしてから行かれると良いと思います。

店頭には他にも季節を感じる、目にも嬉しい生菓子が並んでいます。お土産にはもちろん、自分へのご褒美にも是非利用して頂きたいお店です。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。