\ フォローしてね /

茄子で解説「煮浸し」のやり方

煮浸しとは、薄味の煮汁で煮てしばらく浸し味をつける調理方法です。

今回は、茄子を使って煮浸しのやり方を紹介します。

材料(2人分)

  • 茄子・・・2本
  • 水・・・200cc
  • 麺つゆ(3倍濃縮)・・・50cc
  • 砂糖・・・大さじ1/2
  • チューブの生姜・・・1cm
  • 一味唐辛子・・・少々

作り方(調理時間:20~30分)

STEP1:茄子を切る

茄子は洗ってヘタを切り落とし、縦半分に切った後、さらに縦半分に切ります。

皮のほうに、斜めの格子状になるように皮に切れ目を入れて、水に浸してアクを抜きましょう。

STEP2:煮汁を作る

鍋に水を入れ火にかけ、沸いたら、麺つゆ・チューブの生姜・砂糖を加えて混ぜます。

STEP3:茄子を入れる

STEP2の煮汁が沸騰したらSTEP1の茄子を並べます。並べたら一味唐辛子をふりかけます。

唐辛子はかけ過ぎると辛くなりますので、少しでいいと思います。

STEP4:落とし蓋をする

STEP3に落としふたをして弱火で約5分くらい、茄子がしんなりするまで煮ます。

STEP5:火を止めて味をしみ込ませる

STEP4の茄子が柔らかくなり、しんなりしたら火を止めます。冷めるまで、鍋に入れたままの状態にし、味をしみ込ませます。

STEP6:完成!

煮えた茄子と煮汁も一緒に器に入れて、完成です!

上手に作るためのポイント

味がしみこみやすいように、切れ目を入れるのを忘れないようにしましょう。

さいごに

煮浸しは手軽に出来る調理法です。初めての方にも簡単にできますのでぜひお試しください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。