\ フォローしてね /

元アパレル店員直伝!普段着とつば帽子のコーディネート(春夏編)

つば帽子はよそ行きだけのもの、ではありません。確かにオシャレアイテムですが、だからこそ普段から取り入れたら素敵です。

元アパレル店員の筆者が、春から秋のごくごく普段着な格好に、どのようにしたら全体のバランスよくカッコいいコーディネートができるかを書いてみます。

つば帽子の種類

  • 左上:Athena New York(アシーナニューヨーク)のブレード中折れハット
  • 左下:ユニクロのコットンリバーシブル中折れハット
  • 右上:サングローブのブレード女優ハット
  • 右下:ノーブランドのコットンつば帽子
ブレードハットとは、紐状のリボンをぐるぐると巻きながら作られた帽子を言います。

柄のロングスカートスタイル

それぞれのつば帽子を、トロピカルなパイナップル柄の麻ロングスカートに合わせてみました。

OK

画像は、つば広の女優ハットです。これが一番全体的にもバランスがとれ合っています。また、インナーの挿し色の黒と女優ハットの色(黒)がマッチしています。

NG

下の画像の失敗例は、

  • 左:帽子のリボンと柄スカートがアンバランス
  • 中央と右:綺麗目のロングスカートスタイルにこれらの帽子はカジュアルすぎる

という理由でNGです。また、ロングスカートにはつば広めの帽子が最もよく似合います。

普段着で女優ハットをかぶる場合は、ロングスカートやスカート、ワンピースと合わせれば失敗が少ないです。

Tシャツ&ハーフパンツスタイル

半そでカットソー(Tシャツ)&ハーフパンツとつば帽子のコーディネートです。これは夏の普段着をイメージしています。トップスのそでが短い、というだけで、つば帽子とのバランスが違ってきます。

OK

全体的にバランスが取れています。なぜかといいますと、つば帽子の浅めのつばが、半そで・ハーフパンツとのバランスと合っているからです。

NG

逆に失敗例は、帽子だけツバが大きすぎて重たい感じになってしまっています。また色も重たく、これでは「おばさんっぽく」見えてしまいます。

ハーフパンツやクロップドパンツにはつばが浅めのつば帽子が似合います。

パーカー&デニムスタイル

ジップアップパーカーとデニムパンツのスタイルです。パーカーはそれ自体にフードが付いており、首後ろにボリュームが出るので、通常はスキっとしたニット帽かキャップ帽が一番合うのですが、今回はつば帽子に挑戦です。

OK

先のTシャツ&ハーフパンツと同じ理由で、つばの浅さやカジュアルなデザインと、服のカジュアルスタイルがよく合っています。

NG

パーカースタイルの場合、女優ハットのような綺麗目ファッションに合う帽子と合わせてしまうと、どうしても「農作業のおばさん」的なイメージになってしまいます。パーカー自体が大変カジュアルなため、雰囲気も全体のバランスも全く合いません。

パーカーとつば帽子のコーディネートは、つばが浅い帽子が合います。

季節別につば帽子を合わせるコツ

素材感を大切にする

春から夏はブレードハット(麦わら帽子もブレードハットです)、布帽子でも麻素材や薄い布素材、秋から冬はアクリルや別珍・コーデュロイやウール生地を選ぶなど、かぶっていても見た目も快適なものを合わせるようにしています。

おわりに

ご参考になりましたら嬉しいです。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。