\ フォローしてね /

羽毛布団の基本的な干し方

1年のうち多くの期間をお世話になる羽毛布団。羽毛布団のお陰で、毛布が1枚要らなくなるほどの温かさです。そんな無くてはならない羽毛布団の干し方を筆者がいつもやっている方法でご紹介します。

用意するもの

  • 羽毛布団
  • 布団ばさみ

羽毛布団の干し方

STEP1:干す

朝起きたら、羽毛布団をさっそく外に干します。布団が風で飛ばされないよう、布団バサミで挟んでおくと安心です。筆者は前日の天気予報をチェックしておいて、お天気がいいことが分かっている場合には、起きてすぐ干してしまいます。部屋も片付いて一石二鳥です。

STEP2:裏返す

午後になったら、羽毛布団を反対に裏返して、更に干します。こうすると、裏表全体に天日干しができるので、とてもふんわりします。

STEP3:取り込み

午後3時頃を目安に取り込みます。お天気の具合を見て、ちょっと曇ってきたかな?とおもったら早めに取り込んでおきましょう。

遅くまで干していると、湿気を吸ってしまったり、羽毛布団が冷たくなるので要注意です。

取り込んだ羽毛布団はふわふわの温かな空気を含んでいるので、できれば広げて(もしくは二つ折り)そのままにしておきます。

干す時間帯

基本は、朝起きて布団を上げた時、天気が良いと分かっている日は、すぐに早朝から干し始め、午後3時ごろに取り込むとよいです。朝7時頃~遅くても9時には干しましょう。

干す頻度

基本は1週間に1度くらいを目安に干しますが、お天気のいい日などは週に何度か干しています。

おわりに

干した日の羽毛布団はもうふんわり、ふわふわ、軽くなって気持ちよく眠れます。雨など湿気った日が続いたら早めに干してふんわりリセットさせるといいですよ。

(Photo by 足成)
(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。