\ フォローしてね /

あえて見せる!トイレ掃除用品の収納方法

トイレ収納の中でも、置き場所に困るのがトイレ掃除などに使うアイテムの収納ではないでしょうか?

そこで今回は、著者の経験をもとにトイレ掃除用品の収納・片付け方法をご紹介します。

収納の方法

水気のない掃除用具は棚へ

通常、掃除道具は床付近に収納することが多いと思います。

しかし、床に物を置いておくと、そこにホコリがたまったり、掃除しにくくなります。

そこで、ホコリを拭き取る化学雑巾といった、水気のない掃除道具は上段の棚に同じ種類のボックスを設けて、その中に収納します。

思い切って見せて収納

水気のあるブラシなどは床付近に置く、または棚を購入し隠すなどの方法の他ないと思います。

著者もいろいろとやってみましたが、トイレ掃除は毎日行うためやはり使いやすさは重要なポイントです。

思い切って掃除しやすいよう便器の横に、あえて見せて収納することにしました。

収納のポイント

掃除用具のデザインや色を工夫する

いかにも掃除道具という色やイメージのものだと、トイレ全体の見た目が悪いため、できるだけ白やベージュを基調としたシンプルなものでそろえると、見た目も良く使いやすくなります。

置き方を工夫する

また、掃除用具を裏返しにすることで、何を置いているのか分かりにくくする工夫もあります。

その他、トイレ用品収納に関する注意点

トイレ用品も日頃からきれいに使うことで、汚れが目立ちにくく、見せる収納をしても気にならないと思います。

日頃から掃除用具をきれいに使うコツ

例えば、トイレブラシなどに着いた汚れは、掃除の最後にトイレを流す際に水流を当てて汚れを落としてから仕舞うときれいに使い続けることができると思います。

このように使用した後は、用具の汚れが残っていないかもチェックしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?トイレは特に美しく保ちたいものですね。

この記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。