\ フォローしてね /

インドネシア風オックステールスープの作り方

インドネシアを旅行した時、名物料理のオックステールスープ(Sop buntut)を食べました。牛テールの出汁がしっかりと出ていながら、サッパリとした優しい味わいは、日本人の口にもとても合うと感じました。

それ以降、牛テールが安く手に入ると自宅でも作っています。時間はかかりますが、調理方法は簡単で、牛テール以外はさほど特別な材料も必要としません。そんな食欲のない時でも食べられる、滋味深いスープを紹介します。

材料(3~4人分)

  • 牛テール 700g~1㎏(人数分のブロックを用意する)

  • しょうが 1かけ
  • 玉ねぎ 小1/2個
  • にんにく 3かけ
  • クローブ ホールで5粒(または、粉末小さじ1/3)
  • ナツメグ 粉末 小さじ1/3
  • シナモン 1/2本
  • にんじん 中1本
  • じゃがいも 中1個
  • トマト 中1個
  • 細ねぎ  2本
  • 香菜 お好みで(セロリの葉でも代用できます。)
  • 食塩 適量
  • 砂糖 ひとつまみ

作り方(調理時間:3時間)

STEP1:牛テールの下処理

牛テールを深い鍋に入れ、ひたひたになるまで水を加え、強火にかけます。

沸騰したら弱火にし、10分間下ゆでします。

STEP2:牛テールの下処理

鍋のお湯を全て捨て、牛テールを流水の下で洗います。余分な脂が付いているときは取り除きます。

鍋もきれいに洗います。

STEP3:煮る

同じ鍋に、STEP2の牛テールを入れ、6カップの水を加えます。さらに、しょうが(瓶の底や包丁の柄で叩き潰す)、シナモン、クローブ、ナツメグを加え、強火にかけます。

煮立ったら極弱火にし、蓋をして、牛テールが柔らかくなるまで1時間半~2時間煮ます。

圧力鍋を使用する場合は、高圧で30分加熱します。

STEP4:具の野菜を切る

牛テールに箸がスッと通るくらい柔らかくなったら、具の野菜の準備を始めます。

玉ねぎとにんにくはみじん切り。

にんじんは1㎝厚さの斜め切り、ジャガイモは8等分に切っておきます。

STEP5:具の野菜を炒める

鍋にサラダ油小さじ1(分量外)を熱し、温まったらみじん切りにしたにんにくを加え、中火で30秒~1分炒めます。

いい香りがしてきたら玉ねぎのみじん切りを追加し、さらに30秒~1分、玉ねぎが透明になるまで炒めます。

STEP6:具の野菜を炒める

にんじんとジャガイモも加えて炒め合わせます。

油がなじんだら、具の野菜を、牛テールスープの鍋に加えます。

STEP7:煮る・調味

野菜に柔らかく火が通るまで、約20分加熱します。

塩と砂糖を加えて調味します。

STEP8:仕上げ

盛り付ける直前に、8等分のくし切りにしたトマトと、3㎝の長さにざく切りにしたねぎを加え、ひと煮立ちさせます。

STEP9:完成

盛り付けたら、香菜を添えて、出来上がりです。

本場では、サンバルソース(インドネシアのチリソース)で辛さを加えて食べられます。もし手に入れば試してみてください。

上手に作るためのポイント

スパイスの量はお好みで

スパイスの量はお好みで調節してください。全部揃わなくても、あるものだけでもいいと思います。シナモンやクローブなど、ホールで使う場合は、途中で取り出すことによって風味の強さを調節できます。

牛テールの脂は取り除く

牛テールに脂を残したまま調理すると、ギトギトと脂の層が浮いたスープができてしまいますので、できるだけ取り除くようにします。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。