\ フォローしてね /

芋焼酎のロックの美味しい飲み方

焼酎は日本酒と同じくらい、奥が深い飲み物ではないでしょうか。同じ焼酎でもロックやお湯割りなどの飲み方で味わいも変わりますし、カメに入れて寝かせてから飲むという通の方もいらっしゃるかと思います。

ここでは著者がこだわっている、ロックで芋焼酎を美味しくいただく飲み方についてご紹介します。

著者こだわりの飲み方

酒器と注ぎ方

焼酎をいただくときの器は、できれば雰囲気や風情があるといいですね。水割りやロックでいただくなら、おしゃれなグラスや素敵なロックグラス、お湯割りなら渋い陶器がいいと思います。もちろん、水割りやロックを陶器でいただくのもよいと思います。

著者は焼酎をロックでいただくのが好きで、氷は溶ける早さと焼酎の冷やされ具合が丁度よい、ボールアイスにこだわっています。

お気に入りのロックグラスに入れたボールアイスの上から、ゆっくりと焼酎を注ぐことで、すぐに焼酎が冷やされます。そのあと軽くステアし、更に香り付けとして焼酎を少量注ぐことにしています。

飲み方

芋焼酎をロック、水割り、お湯割りなどをいただくときの共通点は、味わいと香りの楽しみ方ではないでしょうか。特に舌での甘みと鼻での香りの感じ方を愉しむのは、外せない飲み方だと思っています。

著者は、お水などをいただくときより少なめな、適度の量の焼酎をお口に含み、舌の上で少し温めるような感じで味を確かめるようにして、同時に鼻から抜ける芋の香りを感じながら、ゆっくりと愉しみます。焼酎の旨みと香りで包まれる、至福のときを感じますよ。

お口に含む量が多すぎては、舌で温める感じが薄れ、芋の甘みや旨みがはっきりとしないときもあります。また、少なすぎると鼻から抜ける香りも少なく、愉しみが若干損なわれる感じがします。

なお、著者がおすすめする、焼酎のロックの作り方は、以下のリンクを参考にしてみてください。

ちょっとアドバイス

著者はボールアイスを使っていますが、クラッシュアイスやキューブアイスなど、ご自身のお好みの氷でよいと思います。

氷の溶け方の違いもありますし、氷の量などでも焼酎の味わいにそれぞれの変化があると思いますので、お好みの氷の量を見つけてみるのも愉しいと思います。

注意点

焼酎は嗜好品でもあります。器や注ぎ方、飲み方にこれといった決まりはありません。あまり形にハマった飲み方にこだわらず、気さくに愉しむことを心がけたほうがよいと思っています。

おわりに

いかがでしたでしょうか?焼酎を美味しくいただくときの参考になれば幸いです。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。