\ フォローしてね /

おいしい豚タンの見分け方

最近は、焼肉店で牛タンと同じくらい豚タンが出ていますが、皆さんは豚タンを選ぶときに、どんなところにポイントをおいていらっしゃいますか?

ここでは著者がポイントにしている、おいしい豚タンの見分け方をご紹介します。

豚タンのミニ知識

タンは、皆さんご存知の通り「舌」のことです。下処理で茹でることが多いものですが、希に生で売られているときもあります。

牛タンと同じくコリコリとした食感が特徴で、牛タンより脂感が少ないようです。焼いて食べるのが定番のようですが、ポトフやソテーなどでもおいしくいただける食材です。

日本の豚の品種

主に、大ヨークシャー、ランドレース、バークシャー、デュロックとなっていて、黒豚はバークシャー種に入ります。

おいしい豚タンを見分けるポイント

ポイント1:色で選ぶ

下処理でしっかりと茹でてあるものは、断面が薄茶色か白っぽい茶色のものが良いです。

生では薄い赤色か赤桃色で、周囲にある白身(脂)は白色か薄いピンク色がよいものです。生では、お肉の表面に僅かなツヤがあればなお良いです。

ポイント2:品種で選ぶ

ヨークシャー種は比較的に大味で、バークシャー種は旨みがよく感じられると思います。上品な旨みならバークシャー種のほとんどを占める黒豚をおすすめします。

市販のものは「黒豚」という表示がついています。ただし、ヨークシャーやバークシャーという表示はほとんどありません。上品な旨みを感じたい方は、「黒豚」と表示されているものを選んでください。

ポイント3:霜降りで選ぶ

赤身の中にある霜降りが細かくて均等に入っているのもがよいものです。イベリコ豚は上質な霜降りですが、お値段はワンランク上になってしまいます。著者のおすすめは黒豚で、イベリコ豚よりランクは下がりますが、霜降りはよいものと思います。

ポイント4:産地で選ぶ

産地はどこもよいものが多いのですが、黒豚はお肉に旨みがありますので、タンもそれなりに旨みがあると思います。著者がおすすめするのは鹿児島産ですが、ちょっと高価かも知れません。

市販のものには「○○産」などの表示があります。

「これは傷んでいる」と判断するポイント

  • 肉の色が黒ずんでいるもの
  • 白身(脂)が茶色っぽくなっているもの
  • 肉塊からのドリップ(血汁)が多いもの
  • 生臭さが強いもの

おわりに

いかがでしたでしょうか?よい豚タン選びの参考になれば幸いです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。