1. 料理
    2. 火加減がポイント!照り煮の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    火加減がポイント!照り煮の作り方

    美味しい煮物を作るにはみりんが欠かせませんね。風味はもちろんですが、独特の照りが出ると本当に美味しそうな煮ものが出来上がります。

    今回は誰でも簡単に美味しそうな煮物が作れる技「照り煮」の方法を紹介します。今回は「鶏胸肉の照り煮」を作ってみます。

    材料(2人分)

    • 鶏胸肉…1/2枚(約170g)
    • 大根…80g
    • しょうが…1片
    • 砂糖…小さじ2
    • 酒…大さじ3
    • みりん…大さじ1.5
    • しょう油…大さじ1.5

    照り煮の作り方(調理時間:約20分)

    STEP1:鶏肉を切る

    鶏肉はひと口大の大きさにそぎ切りします。

    STEP2:鶏肉を湯通しする

    臭みを消し旨味を閉じ込める為に、熱湯に10秒ほどくぐらせます。

    すぐに上げて水気を切ります。表面が白くなっている状態です。火は通っていません。

    STEP3:中華鍋に煮汁を作る

    中華鍋に酒、砂糖、みりん、しょう油と薄切りにしたしょうがを入れて火をつけ、煮立たせます。

    STEP4:鶏肉を煮る

    煮汁が煮立ったら鶏肉を入れて、蓋をし弱火で5分程煮ます。弱火にしてじっくり蒸し煮し、中まで火が通るようにします。

    STEP5:強火で照りを出す

    火が通ったら蓋を取り、強火にして中華鍋をゆすりながら鶏肉を裏返したり、コロコロと転がしながら煮汁をからめます。1分程で火を止めます。

    煮汁が焦げつかないように手早くやりましょう。

    完成

    器に盛りつけ、鍋に残った煮汁をかければ出来上がりです。

    上手に作るためのポイント

    照り煮は煮汁そのものはあまり多くないので、最初から強火にするとすぐに焦げ付いてしまいます。まずは弱火で蒸し煮して、味をしみ込ませながら加熱し、仕上げに強火で照りを出すことがポイントです。

    加熱時間は材料によって色々ですが、火が通ってから照りを出すつもりで火加減に注意して下さい。

    さいごに

    芋類や根菜や魚など照り煮にすると、しっかり味がしみて美味しくなりますね。是非参考にして、他のものにも応用して下さいね。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人