1. 料理
    2. お弁当におすすめ!ちくわの蒲焼きの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お弁当におすすめ!ちくわの蒲焼きの作り方

    ご飯のおかずにぴったりの「蒲焼き」ですが、今回はちくわを使った蒲焼きの作り方を紹介します。冷めても美味しいので、お弁当にもおすすめです。

    「蒲焼き」とは

    蒲焼きとは、照り焼きの一種で、うなぎやさんま、いわしなどの魚を開いて中骨を取り、素焼きをしてしょうゆ、みりん、酒、砂糖などの濃厚なたれをつけて焼く料理です。本来は魚料理の一つでしたが、肉や野菜、豆腐など、焼いてたれを絡めるような料理も蒲焼きと称しています。

    材料(1人分)

    • ちくわ 2本
    • 小麦粉 小さじ1
    • しょうゆ 小さじ1
    • みりん 小さじ1
    • 酒 小さじ1
    • サラダ油 小さじ1

    作り方(調理時間:10分)

    STEP1:たれを作る

    器にしょうゆ、みりん、酒を入れて混ぜます。

    STEP2:ちくわを切る

    ちくわを縦に半分に切り、更に長さを半分に切ります。

    STEP3:小麦粉を振る

    小麦粉を茶漉しなどで振るいかけ、薄く全体にまぶします。

    茶漉しなどがない場合は、直に小麦粉につけてもOKです。

    STEP4:ちくわを焼く

    フライパンを熱しサラダ油をひき、ちくわを入れて、焼き色が両面に付くように、2分くらい弱火で焼きます。

    ちくわは火が通りやすいので、短時間で焼けます。

    STEP5:たれを絡める

    少し火を強め、たれを全体に回し入れ、10秒ほどでたれをちくわに絡めます。

    焦げ付き安いので気をつけましょう。

    STEP6:完成

    ちくわの蒲焼きの完成です。

    上手に作るためのポイント

    • 小麦粉は薄くつけ、たれを入れてからは、少し火を強くしてたれを煮詰めるような感じで絡めると、照りがきれいに出ます。
    • 生の魚で作るときは、焼き時間を長めにして、しっかり火を通してから、たれを入れましょう。

    さいごに

    蒲焼きは、白いご飯によく合うので、ご飯にのせて丼物にしてもおいしいです。短時間で作れる料理なので、ぜひ、作ってみてください。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人